ORANGE RANGEのNAOTOとHIROKIによるユニット・プロジェクト「NaotoHiroki&Karatesystems」が始動。コラボPUSH曲担当はベッキー♪#

ツイート

ORANGE RANGEのNAOTO(ギター・リーダー)とHIROKI(ボーカル)による、初のユニット・プロジェクト「NaotoHiroki&Karatesystems(ナオトヒロキアンドカラテシステムズ)」が9月4日にコラボレーションアルバム『Travel Sounds』でデビューすることが決定。コラボアーティスト陣も合わせて明らかになった。

◆NaotoHiroki&Karatesystems 画像

デビュー・アルバムとなる9月4日発売の『Travel Sounds』(トラベル・サウンズ)のコンセプトは、“ワールド・コラボレーション”。NAOTOが創る個性豊かな楽曲に、HIROKIの力強いボーカルが加わり、そこに世界中の様々なアーティストが参加した、“ワールド・コラボ・アルバム”に仕上がった。ジャケットデザインは、代表作「銀河鉄道999」などで知られる松本零士の書き下ろし。

アルバムPUSH曲の「LOVE&PEACE feat. ベッキー♪#」は、その名の通り“愛と平和”をテーマに制作された新感覚ポップソング。ゲストボーカルにベッキー♪#を迎え、「LOVE&PEACE」を世界69カ国(ロック)の言語で歌ったコーラスを収録している。

さらに愛媛県宇和島にある神社“泰平寺”にある、“世界絶対平和万歳の鐘”の音を収録も収録されており、音楽と通して“世界平和”を歌う、NaotoHiroki&Karatesystemsのデビュー・アルバムを象徴する1曲に仕上がった。

『LOVE&PEACE feat. ベッキー♪#』のプロモーション・ビデオには、これまでに30ヶ国を超える国々のフェスティバルなどから招待され、世界を股にかけ活躍する“サイレント・コメディー・デゥオ”の「が~まるちょば」が参加。NAOTO、HIROKIと息のあったパフォーマンスを見せている。

ORANGE RANGEでも複数のシンガー/MCとのヴォーカル・ケミストリーを紡いでいるHIROKI。本作では新たに様々な国籍の、様々な言語で歌うアーティストたちと自分の言葉でコミュニケートし、普段とは異なるサウンドに自分の声を乗せることで、パフォーマーとして新境地を開拓。

そしてNAOTOはNAOTOで、ORANGE RANGEが前作『NEOPOPSTANDARD』(2012年)の打ち込み路線から再び『spark』でバンド志向に回帰する中、ソングライター/サウンドメイカーとして、今のトレンドとシンクロするエレクトロニックな表現をさらに掘り下げている。

国籍・世代・言語・ジャンルの異なる面々を曲ごとにあっと言わせる組み合わせでフィーチャーし、異種混交が引き起こす化学反応を楽しんで、異文化に心を開くこと、内向きにならずに視野を広げること、差異を越えて愛と理解を深めること、NAOTOとHIROKIは未来に向けたたくさんのポジティヴなメッセージをアルバムに詰め込んでいる。

9月4日(土)のデビューアルバム発売を前に、8月16日(金)からアルバム収録1曲目の「LOVE&PEACE feat. ベッキー♪#」がレコチョクより着うた(R)先行配信される。

ニューアルバム『Travel Sounds』
2013年9月4日発売
PCCA-03899/¥3,000[tax in]
■収録曲
M-1. LOVE&PEACE feat. ベッキー♪#
M-2. You are my sunshine feat. 上江洌清作 from MONGOL800
M-3. sunrise~emotion~ feat. Frankie Paul
M-4. India Lights feat. Mahesh Vinayakram
M-5. The Ghost feat. Horace Andy, JYONGRI
M-6. mahiruno seiza feat. Lee "Scrach" Perry, 傳田真央
M-7. songout feat. Akil from Jurassic 5
M-8. So special feat. 伍芳, 中村弘二, 武田カオリ
M-9. stars feat. Frankie Paul, Azumi
M-10. moimoi feat. Talvin Singh, よなは徹, 仲村なつき
M-11. What is... feat. Toots Hibbert, 多和田えみ
M-12. Sweet Ryukyu Symphony feat. Talvin Singh, Mugdha Hasabnis

◆NaotoHiroki&Karatesystemsオフィシャルサイト
◆オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報