キングス・オブ・レオン、ロンドンでのスペシャル公演の映像を公開

ツイート

キングス・オブ・レオンが8月9日、ロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイアで行なったライヴの映像を公開した。収容人数2,000人という、いつもの1/10もない小さな会場でのスペシャル公演だった。

◆キングス・オブ・レオン映像&画像

会場は小さいが、パフォーマンスはビッグ。バンドは1時間半に渡り19曲をプレイし、「Sex On Fire」「Use Somebody」「Fans」「Radioactive」などのヒット曲に交え、間もなくリリースするニュー・アルバム『Mechanical Bull』から1stシングルの「Supersoaker」、そしてこの夜がプレミアとなる「Don't Matter」の2つの新曲を披露した。

ベース・プレイヤーのジャアド・フォロウィルは「今夜はすごく楽しかった。AmEx Unstagedはサイコーの出来だった」とツィート。コメディアン/俳優のフレッド・アーミセンと共演するコメディタッチのビデオ・クリップも公開している。



AmEx Unstaged Kings Of Leonのセットリストは以下の通り。
「The Bucket」
「Notion」
「Closer」
「Crawl」
「Supersoaker」
「Fans」
「Back Down South」
「Pyro」
「The Immortals」
「Four Kicks」
「Molly's Chambers」
「Don't Matter」
「Be Somebody」
「On Call」
「Knocked Up」
「Use Somebody」
アンコール
「Radioactive」
「Sex on Fire」
「Black Thumbnail」

キングス・オブ・レオンの6枚目のスタジオ・アルバム『Mechanical Bull』は日本盤が9月25日リリース。バンドは今週末、Vフェスティヴァル(UK)のヘッドラインを飾る。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報