SECONDWALL、ついにミニアルバムをリリース

ツイート

2013年8月10日午前11時50分。まだ単独音源のリリースすらないSECONDWALLが、サマーソニックIsland Stage上で、ほぼ定刻通り演奏をスタートさせた。強烈な夏の太陽が照りつける酷暑の中、紅一点のボーカリストYukaを中心としたパワフルなパフォーマンスと、日本語詞メインのエモ~ロックサウンドで、初めてこのバンドと触れたオーディエンスをも巻き込み、フロアをどんどんヒートアップさせていった。ほんの数曲のパフォーマンスではあったものの、観る者に強烈なインパクトを残した。

◆『There is nothing impossible』試聴

SECONDWALLは、2009年に東京で結成された5ピースバンドだ。結成からわずか半年足らずで、カナダのTEN SECOND EPIC来日公演に抜擢されるとともに、audioleafで公開されたデモ音源が、公開後僅か二日で総合チャート1位の座を獲得するなど、早耳リスナーの間では以前から注目されているバンドのひとつだ。

国内外のエモ、パンク、ハードコア、日本のポップス等を独自の感性で昇華させたキャッチーなメロディと、Yukaが放つ伸びやかかつパワフルな歌声、そして彼女の感性で綴られた日本語詞メインの歌詞による世界観が各方面から高い評価を得ている。

そんな彼らのデビュー作が、10月2日にGarimpeiro Recordsからリリースとなる。活動初期からの代表曲である「Resound」や既にライブでは披露されている曲など、全5曲入りのミニアルバムだ。

また11月23日には、優勝者が海外のRedbull Studiosでレコーディング出来る権利をかけた、Redbull Live On The Road Final Stage@渋谷O-EASTへの出演も決定している。2013年に入り一気に加速し始めたSECONDWALLの動向に、ご注目を。



SECONDWALL『There is nothing impossible』
GR-29 1,365円
1.君の世界を
2.ハロー
3.RESOUND
4.There is nothing impossible
5.いつか、また

◆SECONDWALLオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報