2012年11月、東京で初ワンマンをした広島のご当地アイドル「まなみのりさ」。ご存じない方のために説明させていただくと、広島を拠点に活動する、まなみ、みのり、りさの3人の女性アイドルユニット。4月からNHKの朝ドラで『あまちゃん』が始まり、一気にご当地アイドルが注目されるようになったが、彼女たちはそれよりも遥か以前、2007年から活動をしている。誰もがご存じであろうPerfumeを生んだ広島アクターズスクールの出身で「踊ること」と「歌うこと」に青春をかけてきた。

◆ まなみのりさ画像

そんな彼女たちは、2011年の年末に開催された<ご当地アイドルNo.1決定戦「U.M.U AWARD 2011」>で優勝。ご当地アイドルの頂点に立ったが、その後、多くのご当地アイドルが誕生し、激戦となっている。ただ、彼女たちは、そもそもご当地アイドルなのだろうか?と9ヶ月ぶりのライブを見て思った。うちの地元にもご当地アイドルを作ろう!ということで、オーディションで集まった女の子たちが、歌って踊る。そんな活動が多いなか、彼女たちは人生の半分を広島アクターズスクールで学び、今、ステージに立っている。3人のダンスは、静止画でも同じポーズという揃いっぷりで、圧巻としか言いようがない。

そんな彼女たちが、8月19日、渋谷DESEOで開催された<残暑お見舞い申し上げます!アイドル祭り>に出演した。7月に発売した1stミニアルバム『まみりサンダー』からの楽曲をメインに披露。ポップな「キライじゃないのぉ」からスタートし、艶っぽさを魅せる「花魁サンダー」。MCをはさんで会場とともに踊りまくる「CQ.CQ...」、「ポラリスAb」。この時点で、運動不足の人は、かなりキツイのでは!?と思うほど。3人という少ない人数で、ステージを大きく見せるために、彼女たちはより大きく激しく動く。それが、伝わってくる。そう、人数じゃない!

そんな身体を癒すのが、広島のレモンサイダー。この日は、客席にもレモンサイダーの配給(?)。乾杯の言葉は、「レモンサイダー!」&「まみりサンダー!」。喉を潤し、甘酸っぱさを感じながら、しっとりと「レモンサイダーと夏休み」。<時代の通り雨>と歌う彼女たち。そう、アイドルは、時代の通り雨かもしれない。しかし、雨雲の上で、光を放つ太陽になれるかもしれない。この曲では、りさがオカリナを吹く。

アイドルが、とても身近になり、一般人との境界線が失われつつあるときだからこそ、彼女たちには、少しだけ前に出てほしいと思う。

ラストは、北極星を意味する「ポラリス」。この曲の歌詞<回る 回る 回る>で、会場に大きな輪ができる。この輪が、もっともっと大きくなることを楽しみにしている。

そして、アンコール! タオルを回して盛り上がろう、ということで「PUNKISH PRINCESS」。汗いっぱいのライブを終え、彼女たちは広島へ。そして、また東京へ来るだろう。活動の幅は確実に広がっている。

<8月19日セットリスト>
1.キライじゃないのぉ
2.花魁サンダーfeat.Massattack(from SPONTANIA/アスタラビスタ)
3.CQ.CQ...
4.ポラリスAb
5.レモンサイダーと夏休み
6.ポラリス
EN.PUNKISH PRINCESS

まなみのりさ1st Mini Album『まみりサンダー』
IVCM-0004 1,800円(税込)
1.キライじゃないのぉ
2.花魁サンダーfeat. Massattack from SPONTANIA / アスタラビスタ
3.ポラリスAb
4.ポラリスB
5.レモンサイダーと夏休み

<ライブ情報>
9月1日(日)
 まなみのりさ&渕上里奈 ダブルインストアイベント!!@イオンモール広島祇園店
9月8日(日)
 ひまわりのせいくらべ@万田発酵本社周辺(尾道市因島)
9月16日(月)
 まみりサンダー Special@広島バックビート
9月21日(土)、22日(日)
 ひろフェス!@旧広島市民球場跡地

[寄稿]伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

◆まなみのりさオフィシャルサイト
◆まなみのりさオフィシャルブログ