北海道で人気No.1アイドルグループ・WHY@DOLL、いよいよ全国へ

twitterツイート

札幌を拠点に活動するアイドルグループ・WHY@DOLL(ホワイドール)が、8月30日に札幌・Studio Link'sで行なわれた定期公演の中で、11月より活動拠点を東京に移すことを発表した。

◆WHY@DOLL 札幌・Studio Link's公演 画像

8月20日に発売された3rdシングル「ふわふわ♪Party」。このシングルのリリースが決定した2013年5月のタイミングで、メンバーはある目標を掲げた。それは、オリコンウイークリー総合ランキングTOP10入り。念願であるメジャーデビューをはたすために、どうしても超えなければならない大きな壁だった。

なんとしても目標を達成したいという一心で、7月24日から8月25日まで、リーダーの青木千春と浦谷はるなの2名が上京。約1ヶ月間で100本もの予約イベントを行なうことになった。そして始まった怒涛のインストアライブ。彼女たちがこれほど東京に長期滞在して活動するのはもちろん今回が初めてで、開始当初は来場者もまばらだったが、熱いパフォーマンスが口コミで広がり、来場者は日に日に増えていった。

いよいよ迎えた東京でのインストアライブ最終日。会場の秋葉原ソフマップ劇場は120名を超えるファンで満員御礼。1ヶ月間がむしゃらに頑張ってきた彼女たちが報われた瞬間だった。「やり切った」という想いを胸に、8月26日、地元ファンが待つ札幌へと帰郷した。

翌日、オリコンウイークリーランキングが発表された。結果は24位。目標には届かなかったが、メンバーはむしろ燃えていた。東京での活動で得た一番大きなものは、インストアライブに駆けつけてくれた大勢のファンの存在である事に気付いていたからだ。気持ちはすでに固まっていた。

「全国で勝負したい!」

8月30日の定期公演では、活動拠点を東京に移す事と同時に、次のシングルで「1万人にCDを届ける」という新たな目標も宣言。またビクターエンタテインメントのアイドル専門レーベル・VERSIONMUSICが、今後の東京での活動をサポートしていくことが発表された。当日、会場に来場していたVERSIONMUSIC・山本レーベル長は「7、8月の東京での活動を通じて、WHY@DOLLの大きな可能性を感じている。次作シングルで掲げた目標をきっちりやり遂げて、夢を勝ち取って欲しい。」とステージ上でエールを送った。それに対してリーダーの青木が「今まで支えてくれた北海道のファンの存在が、全国で勝負していく勇気を与えてくれています。くれれっ娘!の後輩たちのためにも、絶対メジャーデビューをかなえられるように全力で頑張ってきます!」と語ると、来場していたファンもいっそう熱い声援で応え、メンバーの夢の後押しを誓った。

北海道で人気No.1といわれるWHY@DOLLの新たな挑戦が、この秋はじまる。

◆BARKSアイドル
◆WHY@DOLL オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス