<a-nation stadium fes.>東京公演初日。東方神起、TRF、SUPER JUNIORらが会場を揺らす

ツイート

“新生a-nation”も2013年で2年目。8月3日~11日までの9日間、渋谷の街を大きく盛り上げた<a-nation island>に続いて、大阪・長居陸上競技場と東京・味の素スタジアムの2大スタジアムで豪華アーティストたちが競演する<a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー>が開催された。

◆<a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー> 東京公演初日 画像

東京初日となった8月31日公演のオフィシャルレポートをお届けしよう。

  ◆  ◆  ◆

<a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー>の東京公演初日となる8月31日は、girl next doorのハツラツとしたパフォーマンンスで幕を開けた。メンバー3人がステージ上を走り回り、会場の隅々までを激しく煽るとオーディエンスたちはそれに笑顔で応える。「Infinity」「Ready to be a lady」「ダダパラ!!」というアップリフティングなキラーチューンを並べた構成でフェスのスタートを最高の形で彩ってみせた。続くmoumoonは「summer time」や「Sunshine Girl」といった季節感にマッチする爽やかな楽曲で夏のワンシーンを心地よく演出。さらに後半ではボーカルのYUKAがエモーショナルな歌声を響かせるアッパーチューンをも披露し、ユニットとしての表現の幅をしっかりと見せつけてくれた。

シューティングアクトのmisonoがアカペラでの「tomorrow」などで絶品の歌唱力を披露した後は、Do As Infinityが登場。ロックなセッションからスタートし、バンドの実力を示す幅広い選曲で会場を熱くさせていく。ラストの「本日ハ晴天ナリ」では、ボーカルの伴都美子とギターの大渡亮の2人だけでイントロをプレイし、後半は演奏中に2人が肩を組むシーンも。そんなバンドの一体感が伝播し、会場も大きなひとつの塊となっていたのが印象的だ。

「初めての大舞台、緊張します!」と言いながらも楽しそうに歌とダンスを見せてくれたのはシューティングアクトの剛力彩芽。それに続いて登場したKREVAは、バンドを従えたスタイルでスキルフルなラップを叩きつける貫禄のステージングを見せつつも、コミカルな話術を使い道化ることで観客たちとの壁を“イッサイガッサイ”取り払い、コール&レスポンスによって楽しい時間を創り上げていく。夏フェスの醍醐味は、“お目当て”だけではなく新たな出会いを楽しんでこそ。そんなまっすぐな思いを形にして、会場全体を巻き込んだ彼らしいアクトには大きな拍手を贈りたい。最高!

話題のナンバー「Baby I Love U」で会場をロックしたシューティングアクトのMIHIRO~マイロ~の後には、Every Little Thingがステージにあらわれた。「東京!」と叫び、右手を天に向けて突き上げた持田香織のテンションはしょっぱなから高く、右に左に疾走しながら懐かしのヒットチューンを次々とプレイしていく。今秋から放送されるドラマの主題歌となる「アクアマリンのままでいて」のカバーでは、陽が暮れかけた会場を埋め尽くすブルーの光るうちわが幻想的な景色を生み出していたのが強く心に残った。

オープニングのアタック映像で大歓声が巻き起こったのは、昨年に続いて2年連続の出演となったSUPER JUNIOR。ステージ上に8人がせり上がると、その歓声はさらに大きく膨れ上がる。キャッチーなリフを多用したサウンドと歌、そしてクセになるオリジナリティに満ちたダンスで、彼らにしか描き出せない最高の時間が生み出されていく。日本での1stアルバムのタイトルにもなっていた「Hero」では、テンポを落としたトラックの上で強いメッセージを込めた熱い歌を響かせる。その緩急つけた構成からは彼らの実力を改めて実感することができた。ラストには彼らの代表曲である「Sorry, Sorry」を配し、さらなる盛り上がりを演出。名残惜しそうに声を上げる観客たちに向かって「愛してるよー!」と叫んで圧巻のステージは終了した。

「今年も盛り上がっていくぞ!」というDJ KOOの一声でスタートしたのは、デビュー20周年を迎えたTRFのアクト。新旧織り交ぜた強力ナンバーの数々に、オーディエンスは否応なしに反応、大合唱が巻き起こる。a-nationのアンセムとも言える「CRAZY GONNA CRAZY」~「EZ DO DANCE」のメドレーでは、オーディエンス全員が手に持ったうちわを振り上げ、大きくジャンプ。ボーカル・YU-KIがうちわで自らを扇ぎながら歌うという微笑ましいワンシーンも。そんな楽しすぎるお祭り的光景は、まさに毎夏の風物詩とも言える。SAM、ETSU、CHIHARUが魅せるダンスも相変わらずのキレっぷりで、そのエンターテインメント性に溢れたステージはフェスのクライマックスを華々しく彩っていた。

会場中が赤いペンライトの光で染め上げられ、割れんばかりの歓声で迎え入れられたのはこの日トリを務めた東方神起。一瞬で異世界へと誘われる演出の素晴らしさはさることながら、他を圧倒するスケール感を持った彼ら自身のパフォーマンスにはやはり目を見張るものがある。強力なEDMからバラードまで、卓越した歌とダンスでしっかりと魅せていくスキルは伊達じゃない。「OCEAN」~「ウィーアー!」~「Summer Dream」のメドレーでは、特製トロッコに乗って会場を1周。そこにいるすべての人に思いをしっかりと届けんとする彼らの姿と、それをカラダ全体で受け止めんとする観客たち。スタジアムという広大な会場であっても、感情のやり取りがしっかりと行われているのが素晴らしかった。「今日はこれで終わりです。」と最後の挨拶をした後、意表をついてラストチューン「Somebody To Love」が始まるという心憎い演出も。そこにいる全員がジャンプし、タオルを振り回し、最高の盛り上がりを見せる中、東京公演初日は幕を閉じた。

  ◆  ◆  ◆

大盛況のうちに終了した今年のa-nation。<a-nation stadium fes. powered by ウイダーinゼリー>は大阪・東京の4公演で延べ22万人を動員。さらにチケットフリーで参加できるコミュニティエリアには合計8万人が来場した。8月3日~11日までの9日間、渋谷で開催された<a-nation island>の40万人と合わせれば、全体で70万人の動員を記録することとなった。前代未聞の規模で展開される夏の大型フェス、a-nationは今年の成功を糧に、2014年もさらなるスケールアップを遂げた内容で楽しませてくれることになるに違いない──。

取材・文/もりひでゆき


◆【ライブレポート】<a-nation 2013>最終公演。浜崎あゆみ、氣志團、倖田來未、AAA、May J.…豪華アーティストが夏の終わりを彩る
◆BARKSライブレポ
◆a-nation island&stadium fes. 2013
この記事をツイート

この記事の関連情報