CLIFF EDGE、豪華プロデューサー陣を迎えてのミニアルバムリリース決定

ツイート

CLIFF EDGEが10月2日に新たなコンセプトミニアルバム『Diamond Stars』をリリースすることを発表した。

◆CLIFF EDGE 画像

今年5月にメジャーデビュー5周年を記念して初のベストアルバム『THE BEST ~You’re the only one~』をリリースし、8月10日には渋谷WWWでのワンマンライブを大盛況に収めたCLIFF EDGE。

今作『Diamond Stars』は、これまでセルフプロデュースでの制作スタイルを貫いてきた彼らが、初めて曲ごとに豪華プロデューサーを迎え、プロデューサーとコラボしながら制作するという新たなスタイルに挑戦したコンセプトアルバムだ。

参加プロデューサーにはメンバーとも交流のあるmitsuyuki miyake (mihimaru GT) / NAOKI-T / 3rd Productions / 鈴木大輔(girl next door) / 松尾潔 / SHOW for Digz, Inc. Group といった布陣を迎え、「CLIFF EDGEの音楽を自由に料理してもらった」というとおり、今までの音楽性からは想像もつかない楽曲も収録されるとのこと。その分歌詞の内容はトコトンCLIFF EDGEらしさが追求されており、CLIFF EDGEの本質へと迫る楽曲テーマともなっている。

仲間との変わらぬ友情を“CLIFF EDGEメンバー3人の固い絆”と重ねて綴った青春ソング「ろくでなしメモリーズ」、過去の人気曲「BIRTH ~You’re the only one~ feat. MAY’S」をはじめCLIFF EDGEの歌詞によく登場する「5月20日」。この日に一体何があったのか?その詳細が遂に明らかになる「雨降る5月20日」。両親への感謝の気持ちを歌った「DAYS ~You’re the only one Pt.3~ feat. MAY’S」をさらに掘り下げた「ナポリタンとスーパーカー」、人生の宝物は失うことでしか気づけないという真理を綴った、松尾潔プロデュースによる「Diamond Days」他、バラエティーにとんだ全6曲が収録される。

そして、さらにCDのジャケットイラストにはNYでの個展経験もあるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がアルバムテーマに合わせてオリジナルのイラストを描き下ろしている。CLIFF EDGEのメンバーとは、2008年に公開された映画「ホームレス中学生」にて(西野亮廣が出演)CLIFF EDGEが主題歌を担当した縁もあり、実質3ヶ月かかるイラストの制作を超特急でわずか1ヶ月で仕上げてくれたとのこと。

キングコング西野は「CLIFF EDGEのみなさん。これからもステキな音楽を作り続けてください。期待しています」とコラボへのコメントを寄せている。

ミニアルバム『Diamond Stars』は9月11日(水)から早くも「ろくでなしメモリーズ」の着うたR, 着うたフルR, シングルがレコチョクにて先行配信される。

コンセプトミニアルバム『Diamond Stars』
KIZC-217~218 ¥1,800(tax in)
2013年10月2日発売 全6曲収録

参加プロデューサー: mitsuyuki miyake (mihimaru GT) / NAOKI-T / 3rd Productions / 鈴木大輔(girl next door) / 松尾潔 / SHOW for Digz, Inc. Group
ジャケットイラスト: キングコング西野亮廣 描き下ろし

<DISC1(CD)>
1.ろくでなしメモリーズ  
2.エリカの花
3.雨降る5月20日
4.メメント・モリ
5.Diamond Days
6.ナポリタンとスーパーカー
<DISC2(DVD)>
[MUSIC CLIP] ろくでなしメモリーズ

9月11日(水)~ 新曲「ろくでなしメモリーズ」レコチョクにて、着うたフル(R)、シングル 配信スタート

◆CLIFF EDGE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報