相田翔子、約20年ぶりのミニライブ開催。Wink時代の名曲も披露

twitterツイート

相田翔子が、自身のデビュー25周年アルバム『This Is My Love』の発売イベントを9月4日に大阪あべのキューズモールで行った。

◆相田翔子 イベント画像

約20年ぶりのミニライブとなる今回のイベントを観ようと、早くから多くのファンが足を運び登場を待ちわびる中、やや緊張の面持ちで本人がステージに登場。久し振りに対面したファンの方々に挨拶の後、“憧れの存在”と相田自身も語る角松敏生作「for you」でミニライブの幕があいた。会場に詰めかけたファンは、相田のしっとりとした歌声にじっくり聴き入った。

その後のMCでは、相田は「角松さん、尾崎さん自ら手紙を送り曲を作って頂いた」という今回のアルバムにまつわる逸話も明かし、2曲目にはその尾崎亜美による作詞作曲の「1秒だけの奇蹟」を披露。プライベートの話題では「スキー技術検定2級を取得した」というエピソードも語り、見た目のおっとりしたイメージとのギャップに意外性を感じたファンも少なくなかったようだ。

また、Wink時代の話題に話が及ぶと彼女は「Wink時代はパートナーの(鈴木)早智子や周りの方々に支えられ様々な経験をした、生涯忘れられない宝物のような時期」と述べた。その話題の後、Winkの4枚目のシングル、大ヒット曲「淋しい熱帯魚」を披露。振り付けも当時の形で会場は大いに盛り上がった。

4曲目この日のラストは自身の作詞曲の「時刻表のない駅」を披露。最後に「久々のステージ゛で緊張しましたが、デビュー当時の新鮮な気持ちになれた」と語りミニライブを締めた。

ニューアルバム『This Is My Love』
2013年9月4日発売 EPCE-5985/¥3,000(tax in)
1.for you 作詞・作曲・編曲:角松敏生
2.月で泳ぐ 作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉 聡
3.夜明けの雨はピアニッシモ 作詞:岩里祐穂 作曲:羽場仁志 編曲:佐藤 準
4.一輪 作詞:相田翔子 作曲・編曲:吉田次郎
5.さよならの頁/ Duet with 根本要(from スターダスト☆レビュー) 作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉 聡
6.タペストリー 作詞:及川眠子 作曲:相田翔子 編曲:門倉 聡
7.1秒だけの奇蹟  作詞・作曲・編曲:尾崎亜美
8.クレタの白い砂/ Duet with 因幡晃 作詞:三浦徳子 作曲・編曲:馬飼野康二
9.もっと ありのまま 作詞:相田翔子 作曲:羽場仁志 編曲:佐藤 準
10.時刻表のない駅 作詞・作曲:相田翔子 編曲:門倉 聡
11.ぼくのともだち 作詞・作曲・編曲:大江千里

<アルバム発売EVENT>
9月6日(金) あべのキューズモール(大阪)18:30~ ミニライブ&サイン&ツーショット撮影会
9月7日(土) ラゾーナ川崎(神奈川)15:00~ ミニライブ&サイン会
9月22日(日) 山野楽器成城コルティ(東京)14:00~ ミニライブ&サイン会
10月17日(木) 銀座山野楽器本店7FイベントスペースJAMSPOT(東京)18:30~ スペシャルライブ・サイン&ツーショット撮影会

<ライブスケジュール>
10月12日(土) STB(東京)
10月19日(土) フラミンゴ・ジ・アルージャ(大阪)

◆相田翔子 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス