【イベントレポート】イベント動員は3倍返し達成。モーニング娘。道重さゆみ、ウィークリー1位は「オリンピックで言う金メダル」

ツイート

8月28日にリリースされた54枚目のシングル「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」のオリコンウィークリー1位によって、自身約11年半ぶりに3作連続1位を獲得したモーニング娘。が、9月7日にラゾーナ川崎でイベントを開催。記録をファンに報告し、感謝の気持ちを直接伝えた。

◆<モーニング娘。祝!3作連続1位!「トリプルいいことがあった」さらに応援してくださる皆様のおかげです! イベント> 画像

最上階までぎっしりと埋まったラゾーナ川崎ルーファ広場。大歓声がモーニング娘。のメンバーを迎え入れる。モーニング娘。のイベントというと、「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」リリース日に開催された池袋サンシャインシティでのイベントでは、異例の規制がかかるほどにファンが駆けつけ話題となった。今回はJR川崎駅直結の屋外のオープンスペース、かつ休日とあって、これを上回るファンが早朝から結集。その数はサンシャインシティ噴水広場で動員した約2000人の3倍となる約6000人。同広場でのイベント中に「ここからのモーニング娘。の巻き返しは“倍返し”で!」と、決意を語っていた道重さゆみだったが、今回、動員だけを見たら見事に“3倍返し”した格好だ。

イベントでは、「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」がウィークリー1位を獲得したことについて「本当にどうもありがとうございます!」と、声をあわせるモーニング娘。。ファンからの「おめでとう!」の声と拍手が起こる中、“24歳、自信を持ってうさちゃんヘアにしている”道重さゆみが言葉を続ける。

「オリコンウィークリーチャート1位ということは、金メダルで言う……あっ。」

この日、集まったメディア向けにキャッチーでトピックスになるようなコメントを考えていた道重。2020年のオリンピック開催地が数時間後に決定することなどから、“金メダル”を使ったコメントにしようと思い、直前まで金メダルのことばかりを頭に思い浮かべていたところ、「オリンピックで言う金メダル」と言うべきが「金メダルで言う……」と、つい言ってしまった様子。「こんな初歩的なミスってある?」と、照れた表情を見せながら「ぜひ私のコメントを使ってほしいな。」と、痛恨のミスを笑いに変え、あらためて「オリコンウィークリーチャート1位ということは、オリンピックでいう金メダルくらいすごいことだと思う。」「金メダル獲れるくらい、私たちも頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」と、コメントした。

またサブリーダーで、自身、ハロー!プロジェクトが大好きな譜久村聖は、「11年半ぶりの3作連続1位ということで、すごい嬉しい。」としつつも、11年半前にシングル3作連続1位を獲得した「ザ☆ピ~ス!」(2001年7月)、「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」(2001年10月)、「そうだ! We're ALIVE」(2002年2月)といった作品は、多くの人が曲タイトルを挙げればどんな曲だったかわかると述べる。そして「今の小さい子や知らない方にも、「今のモーニング娘。のこの曲だよ」って言ったらわかってもらえるくらい、自分たちの作品を浸透させたい。」と、決意を口にする。

モーニング娘。メンバー最年少の工藤遥は、前回、モーニング娘。が3作連続1位を獲得した11年半前は2歳。当時のことを道重から訊かれると、断片的な記憶の中で、当時、引っ越しをした際に、おもちゃはある程度処分したものの、モーニング娘。のグッズはちゃんと処分することなく確保していた、と語った(父親がモーニング娘。のファンだった。一番多かったのはミニモニ。グッズ)。

「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」のリリースイベントではあるが、どちらかというと1位を獲得できたことをファンに感謝する色合いが強かった今回のイベント。ミニライブでは、両A面の2曲に加えて、「君さえ居れば何も要らない」、さらにモーニング娘。メドレーとして、「ブレインストーミング」「ワクテカ Take a chance」「Help me!!」「One・Two・Three」と、道重さゆみ体制になってからのシングル曲を次々に披露。今のモーニング娘。の武器であり、他のアイドルグループでは真似のできない高いレベルと運動量のフォーメーションダンスと、エース・鞘師里保らを中心とした熱唱で、通りがかった買い物客らを圧倒。今のモーニング娘。を強烈に印象付ける。一方、「わがまま 気のまま 愛のジョーク」では、ファンからの<愛されたい 愛されたい>の大コールが、彼女たちの勢いを象徴するかのように会場を揺らしていた。

モーニング娘。は「LOVEマシーン」や「恋愛レボリューション21」「ザ☆ピ~ス!」といった初期~中期の代表曲をつんく♂P流 EDM Verにリアレンジし、さらにリーダ・ー道重さゆみが愛してやまない「歩いてる」とNew アレンジ ソロVer.として収録するなど、収録曲すべてボーカルをレコーディング、ミックスし直したセルフカバーアルバム『The Best!~Updated モーニング娘。~』を9月25日にリリースする。

「今回11年半ぶりの3作連続1位は、今の私たちモーニング娘。にとって目標のひとつでもあったので、本当に嬉しく思っています。ありがとうございます。でも、その目標の先に、まだ大きな目標があるので、それに向かって頑張っていきたいと思います。私たちはもうすぐ16周年を迎えるんですけど、16年の歴史の中に4作連続1位はまだないので、4作連続1位を獲りたいなとも思いますし、これからの私たちが、モーニング娘。の全盛期だと言われるくらいの活動をしてきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。」── 道重さゆみ


text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)



【前週の記事 / イベントレポート】モーニング娘。の新曲が1位発進。道重さゆみ「ここからのモーニング娘。の巻き返しは“倍返し”で!」
◆BARKS アイドル
◆Kawaii girl Japan
◆ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報