空気公団、人気アニメ『青い花』ゆかりの地、鎌倉文学館でライブ

ツイート

人気TVアニメ『青い花』(原作:志村貴子)がBlu-ray BOX化され9月6日に発売されたが、オープニング主題歌を担当した空気公団が、物語のキービジュアル藤が谷女学院のモデルになった鎌倉文学館でライブを開催する。

◆空気公団画像

会場となる鎌倉文学館は、国の登録有形文化財の指定を受ける西洋館で、広大な庭園と美しいバラ園を持ち、湘南の海を一望できるロケーションだ。絶景となる中庭で行われるライブは、入館料(一般400円、小・中学生200円)のみで観ることができる。

このライブは、9月14日(土)から11月10日(日)にかけて開催となる、江の島を中心とした江ノ電沿線エリア全域を舞台に展開される体感型フェスティバル<江ノフェス>の一環として行われるものだ。『青い花』の舞台モデルになった鎌倉文学館で、空気公団の「青い花」を生で聴くことができる、アニメファンにとって夢のような企画だ。聖地巡礼を兼ねてぜひご参加を。

「青い花」
LASM-4021 2,000円(税込)
4曲入りミニアルバム

<空気公団~鎌倉文学館 ライブ>
10月19日(土)
開演:13:00(~1時間程)
料金:鎌倉文学館入館料のみ(一般400円、小・中学生200円)

鎌倉文学館
神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
TEL:0467-23-3911
http://www.kamakurabungaku.com/
・会場アクセス
JR横須賀線 東京駅~鎌倉駅(所要時間-約55分)
→JR鎌倉駅より江ノ電に乗換「由比ヶ浜駅」下車(徒歩7分
→JR・小田急 藤沢駅より江ノ電に乗換「由比ヶ浜駅」下車(徒歩7分)
※駐車場はございませんので、お近くのパーキングをご利用下さい。

◆<江ノフェス>オフィシャルサイト
◆空気公団オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報