AHSから誰でも3Dキャラクターでミュージックビデオが作れる!「キャラみん Studio」リリース

ツイート

AHSは、3Dキャラクターで誰でも簡単に高品質なミュージックビデオを作成できるWindows用ソフトウェア「キャラミん Studio(キャラミン スタジオ)」を、9月26日より発売する。

「キャラミん Studio」は、音楽ファイルを読み込み、キャラクターを自動で踊らせることができるミュージックビデオ作成ソフト。開発はソフトイーサ株式会社、株式会社ツクルスが手がけている。

ミュージックビデオの作成はいたってカンタン。「キャラミん Studio」にはあらかじめさまざまな3Dキャラクターが収録されているので、音楽ファイルを用意して3Dキャラクターを選択すれば、このソフトだけでミュージックビデオの動画が完成する。

ダンスの振り付けやカメラワークは自動で設定されるので、それだけでも高品質な作品の出来上がり。さらに、ユーザー自身でカメラワークやダンスモーションの変更などができるので、こだわりのミュージックビデオの作成もカンタンに行えるのもポイント。これまでのソフトウェアと異なり、3Dの知識がなくても直感的に、しかもカンタンにキャラクターを踊らせることができるのだ。

キャラクターやステージをカンタンに変更できるほか、音楽のビートを設定・編集したり、200種類を超えるテンプレートから選択するだけで好みのモーションが設定することが可能。歌詞を入力することで、キャラクターを歌っているかのように口を動かすことができるのも、ミュージックビデオ作成にはうれしい機能だ。

操作性や機能の充実に加え、収録されるキャラクターも魅力の1つ。キャラミんのキャラクター「許斐まい」やAHSのキャラクターだけではなく、インターネット社のキャラクターである「GUMI(ままま式V2/V3)」、静岡市清水区ご当地キャラの「百都かれん」、FOXCONN社のキャラ「ふぉっくす紺子」、福島県白河市の白河観光物産協会公認キャラクター「小峰シロ」なども使用可能なので、すぐにビデオ作成を楽しむことができる。

また、キャラミんストアよりさまざまなキャラクター、ステージ、モーションを追加(有償・無償)できるほか、キャラクターはpmd/pmx形式の3Dモデルも読み込むことが可能なので、楽しみ方は無限大だ。

そして、カンタンに音楽を作成できるソフト「Music Maker Silver」、画像を簡単にしゃべらせることができるソフト「CrazyTalk5 SE」も付属。組み合わせて使うことでさらにクオリティの高いオリジナルの作品を作ることができるようになっている。しかも価格は学生でも手が届く設定。AHSでは、「『キャラミん Studio』でさらに『創るよろこび』が多くの方に広がればと願っております。」とコメントしている。

<動作環境>
対応OS:Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP SP3(32bitのみ)
CPU:Intel Core 2 Duo 2.0GHz以上
メモリ:2GB以上※300MB以上の空きが必要
ドライブ:DVD-ROMドライブ
ビデオ:Intel HD Graphics 4000 以上NVIDIA GeForce 300シリーズ 以上AMD Radeon HD6000 シリーズ 以上※Shader Model 3.0以上対応のGPUが必要。
必要HDD容量:2GB

◆キャラみん Studio(パッケージ版)
価格:6,980円
◆キャラみん Studio(ダウンロード版)
価格:5,480円
発売日:2013年9月26日

◆キャラみん Studio 製品詳細ページ
◆AHS
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報