関係者の証言から紐解く<MINAMI WHEEL 2013>の表&裏Vol.28 カメラマン・田浦ボン

ツイート

<MINAMI WHEEL 2013>関係者Profile Vol.28
●人物⇒田浦ボン(TAULab.カメラマン)
●イベントの仕事⇒オフィシャルカメラマン

●あなたにとってMIMAMI WHEELとは?
もちろん仕事のひとつですが、あえて別のものにたとえるなら秋の遠足のような感じ。歩き回って楽しさを見つけます。

●MIMAMI WHEELのイベントで印象に残ったことは?
結成当時から親しかったバンドがBIGCATで大トリを飾った時。撮影中、暖かい液体が目に溢れファインダーがぼやけました。

●MIMAMI WHEELのイベントの楽しみ方は?
知らないミュージシャンばかり選べば、たったの3日間で20以上の音楽を新たに知ることができます。これもひとつの楽しみ方。

●MIMAMI WHEELと携わって自分が変わったことは?
機材をカスタマイズするようになったことでしょうか。ライブ撮影ではお客さんが入場する前に撮影ポジションでスタンバイすることも多いのですが、ことMINAMI WHEELに関してはライブが始まってから(MCのタイミングなどで)会場入りしなくてはいけない場合もあります。そこで満員のフロアの一番後ろからでも撮影しやすいように、一般的なものより1・5倍の高さがあるアルミのカメラバッグを特注して踏み台にしています。

●MIMAMI WHEELで大変なことは?
会場の大きさも撮影エリアも混み具合もバラバラなので適したレンズを選ぶのが難しいです。また同時間帯にEASTエリアとWESTエリアで撮影がある場合、先に入った会場を出るのが遅くなると、移動時間もかかるので後の会場に着いた時にはすでにラストの曲、なんてことも。。

●MINAMI WHEELの穴場スポットは?
BIGSTEP北側にある憩いスペース。だいたいいつも空いてます。

◆関係者による<MINAMI WHEEL 2013>の証言 まとめ特集ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報