【ライブレポート】me-me*が初めての単独公演を開催。大興奮なオトナのトークコーナーも

twitterツイート

神咲詩織、藤北彩香、桜ここみ、佳苗るか、Maika、波多野結衣、成瀬心美(※ 病気療養のため現在活動休止中)からなるセクシーアイドルユニット・me-me*が、9月27日に南青山にあるFuture SEVENにて、初めての単独公演<me-me* Love Night ~愛の伝え方~ supported by Couponland>を開催した。

◆<me-me* Love Night ~愛の伝え方~ supported by Couponland>画像

2011年6月のme-me*始動以来、“ヒトからヒトへ伝える愛”をコンセプトに、国内、海外イベント出演などを通して地道に活動を続けてきた彼女たち。ワンマンライブは、そんな彼女たちにとって夢のひとつだった。

この日の公演は、8月に台湾で開催され、me-me*が招待された<第3回台湾アダルトエキスポ>での模様の上映とライブパート、そして「大人のための恋愛講座」と題された、ちょっと過激なオトナのトークパートという2部構成。トークもあるということで、当初は着席形式の100人限定で開催する予定だったが、チケットを求めるファンが後を絶たないことから、一部椅子を撤去し、立ち見の当日券も出すなど動員を拡大してのイベントとなった。

昨今、パフォーマンスのスキルアップがめざましいme-me*の初ワンマンは、「me-me*、行くぞー!」というリーダー・Maikaの掛け声とともに、「You are addicted」からスタートする。メモリアルデーであることに加えて、ライブ前には先日の台湾イベントの映像が初公開されたこともあり、すでに熱気を帯びていた会場は冒頭から大盛り上がり。集まったme-mer*(me-me*ファン)もメンバーに負けない声援を送った。

それぞれ自己紹介とファンからのコールを挟んで、Maikaは「嬉しすぎて言葉が見つからなくて……みんな盛り上がっていくぞー!」と、感情をすべてぶつけるように会場を煽っていく。メンバーそれぞれ早くも胸がいっぱいな様子。そして、2曲目は、彼女たち自身の目標、目指すところを歌に込めた「星になるのだっ!」。赤、ピンク、黄色、そして青。色とりどりのサイリウムに照らされて、ワンマンライブのステージを全力で駆け抜けるme-me*。そしてそのまま妖しげなライトが赤く染めて「mirror」。ちなみに今回、彼女たちは黒を基調としたセクシーな新衣装を披露。特にこの曲では、歌詞の世界観やサウンドとも相まって、これまでのアイドル然としたグループから、より刺激的なユニットへ変革していく片鱗のようなものを感じさせた。

衣装については、メンバーそれぞれが自分でセレクトしたということで、MCではこだわりのポイントなども。「あみあみセクシーにしてみました。」という桜ここみ。スタイル抜群なメンバーがそろうme-me*ながら、その中でも神がかり的なスタイルを誇っている彼女は、若干ウエスト周りにゆとりがありすぎることを告白。「今度、縫います。自分用に。」と会場を笑わせた。「セクシーな黒いやつと言われて、何枚か着たんですけど似合うのがなくて。フリルがついていて、これが一番よかった。」と、あどけなさが残るビジュアルゆえに、ちょっとだけ背伸びをしているようにも映る佳苗るか。少し照れた表情を浮かべるるーちゃんに、客席からは「可愛い!」「似合う!」の声が飛ぶ。「こだわりがない……。」という藤北彩香は、衣装を購入したショップにて店員から、たまたま同じ日に波多野結衣と佳苗が先に購入していたという話を聞いたというエピソードを披露。さらに、藤北が選択した衣装が「地味過ぎる」とスタッフから指摘されたことを受けて、ワンポイントに大きめのネックレスを組み合わせているという。「黄色って、ないんだよね。白×黒(の組み合わせ)にされちゃって。黄色感を出す場所が。」と、黒×黄色の組み合わせの少なさを嘆いた神咲詩織は、黒×ゴールドのトップスをセレクト。インナーの黄色を見せるためにジッパーを下げて着ているという細かな配慮が、むしろ魅惑的な胸元を強調しているのは言うまでもない。「チームレッドの赤を入れて、で、フードが好きなので、めっちゃ。だからフードがついている。」というお気に入りポイントを紹介した波多野結衣。ただ、Maikaが着ている衣装も可愛いなと思ったそうだが、本人曰く「私が着ると、多分“熟女”になっちゃう」だそうだ。そしてMaikaは、キラキラのスパンコール。「一番輝きたいな、と。私を見て。」と、お店に入った瞬間に決めたそう。その言葉どおり、見事に着こなしていたMaikaに観客は大きく沸いていた。

さらにライブで彼女たちがカバーしている「今すぐKiss Me」に「I(あい) あい 愛(あい)」と立て続けに披露して、無事にワンマンライブは終了……かと思われたが、ここでなんとme-mer*から「ちょっと待ったー!」の声。記念すべき初単独公演をお祝いして、me-mer*はメンバーに内緒でサプライズプレゼントを用意していたのだ。彼らが客席で広げたのは、“ヒトからヒトへ伝える愛”のフレーズや、メンバーカラーの星も入ったme-me*フラッグ。予想していなかった展開に、メンバーは涙を浮かべて一同感激。互いの愛を伝え合ってme-me*のライブパートは幕を下ろした。

(→次ページは第2部の模様)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報