フリートウッド・マックのロンドン公演にクリスティン・マクヴィーがゲスト出演

ツイート
水曜日(9月25日)ロンドンのO2アリーナで開かれたフリートウッド・マックの公演に、元メンバーのクリスティン・マクヴィーがゲスト出演した。彼女がバンドと一緒にパフォーマンスするのは脱退した1998年以来およそ15年ぶり。

◆フリートウッド・マック画像

マクヴィーはアンコール1曲目が終了したところで登場。メンバーやファンから大歓声が上がる中、スティーヴィー・ニックスと手をつなぎながらステージ中央に立った。そして、メンバーとハグを交わした後、キーボードの演奏をスタート。彼らと一緒に「Don't Stop」(1977年)をプレイした。

英国在住のマクヴィーは2003年と2009年に行なわれたフリートウッド・マックのロンドン公演を観に訪れているが、これまでステージに立つことはなかった。

また、この夜の観客席には、創設メンバーのピーター・グリーンの姿もあったようだ。彼がステージに上がることはなかったが、スティーヴィー・ニックスは「Landslide」を歌う際、彼に捧げると話した。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報