【ライブレポート】The Sketchbook、“スケブトレイン”で2周年を通過。ギネスへ挑戦

ツイート

9月28日、SHIBUYA-AXにてThe Sketchbookのワンマンライブ<The Sketchbook the 2nd anniversary up to you>が開催された。

◆The Sketchbook画像

2011年9月28日にデビューを果たしてからちょうど2周年となったこの日、会場にはThe Sketchbookとともにアニバーサリーを祝うファンが集結し、大いに盛り上がりを見せた。

会場が暗転しライブが開始するとドラムの爆音と共にステージを隠していた幕が落ち、The Sketchbookが登場。オープニングナンバー「Message」を歌唱し場内がサイリウムの光に包まれる中、立て続けに「Funny Bunny」「スプリット・ミルク」を熱唱する。

ボーカル&ベースの多田は「The Sketchbook the 2nd anniversary up to you に来て頂いてありがとう!今日はこの空間を世界で一番の空間にしましょう!!」と意気込みを語り、勢いそのままに「クラック」含む5曲を演奏、さらに、デビュー2周年を前にし9月25日に発売した8枚目のシングル「明日へ/Exit」から「Exit」を歌唱。場内は最新曲に沸いた。

MCでは車掌に扮したドラムの渡邊が登場。 「スケブトレイン発射します」と車掌の物真似をしながら勝手に話を進める渡邊に多田から鋭いツッコミが飛んだ。「(被ってるのは)お父さんのサンバイザーです」と会場を笑わせる。

今回のライブを開催するまでには「スケブトレイン」という3つのプロジェクトがあった。1つ目は自分達で営業活動を行う【セルフプロモーション】。2つ目は各イベントでお客さんの笑顔をカメラにおさめる【力を一つに】。 そして、SHIBUYA-AXでのLIVE決定に伴いステージング強化という目的から100本ライブを行うと決めた【100本ステージ】。 そんな100本ステージは7月には無事達成され、この日のSHIBUYA-AXで155本目を数えていた。 これには場内も喝采でメンバーを称えた。

彼らはプロジェクトの中で路上ライブも行ってきたことにふれ、1曲だけアコースティックバージョンで「キヲク -unplugged-」を披露。 The Sketchbookの中でも人気の高いバラード曲に会場は静かに聞きこんでいた。場内が感動的な雰囲気に包まれたあとは渡邊がドラムのソロパフォーマンスを披露し観客のテンションも上昇。

ここから多田、小原も合流し怒涛の8曲連続演奏。さらに、「自分の弱さを見つめて強くなっていこうよというメッセージが多かったThe Sketchbookが、 デビュー2年を迎え、成長してきたメンバー、ファンのみんなに今度は自分に自信を持って前に進もうとメッセージを込めた」と話す新曲「明日へ」を披露した。

終盤戦に入っても会場の盛り上がりは衰えず、ライブの流れは「Runway」から全員でタオルを振り回す「シグナル」、手拍子を一斉に行う「traveler」へ。「ドロップ」では天井から色とりどりの風船がファンの上に舞い降り、会場内を飛び交う大興奮のステージとなった。

最後の曲はThe Sketchbookが2年間で一番大事で特別な歌と話す「over the station」。客席からも歌声が響きそれを聞いた多田は「本当に幸せ者です」と感動している様子だった。曲後に深々とお辞儀をしてThe Sketchbookのメンバーがステージから降りると、会場からアンコールの手拍子と「SKB」の大合唱が鳴り響いた。

アンコールに応えThe Sketchbookが登場すると、ステージ中央には2周年を祝うケーキが用意されていた。対応に困るメンバーに会場からは「顔」と叫び声が飛び交い、メンバー全員がそれに応え、一人ずつケーキに顔をダイブ。ワイルドにケーキをかじる3人の姿に会場も笑いに包まれる。

3人が顔面についたケーキを落とした後、The Sketchbookからは2つの重大発表が行われた。1つ目はこの9月28日から文房具のスケッチブックに皆からメッセージを集め、ギネス記録に挑戦するプロジェクトを開始すること。2つ目は来年の3周年アニバーサリーになる2014年9月28日にもワンマンライブを行うこと。

発表後、歌に移る前にメンバー1人1人が2周年についてコメントし、3人が涙ぐむ場面もみられた。多田の「今日からまた新しいスタートを切ります」というコメントからラストは人気曲「道」を披露。大盛況のうちにThe Sketchbook the 2nd anniversary up to youは幕を閉じた。

■ メンバーコメント

多田 宏: 今日ほど、音楽をやっていて幸せだった事はありません。デビューしてきてほぼ毎日3人でいて2人のつらい時期も見てたし、僕のつらい時期もあって……でも不思議なものでオーディションで知らない3人が集まったのに本当に最高のメンバーで、まずはメンバーにありがとうと言いたいです。そして、今だからこそ言えるけど僕が歌うのを怖くなった時期があって、その時にライブ中、たとえ声が出なくても皆は笑顔で僕を支えてくれました。 本当にありがとうございます。これからも応援宜しくお願いします。

小原 莉子:前回のワンマンがWWWという400人規模の所でやらせてもらえて、今回はAXでやらせてもらって、純粋にこんな所でライブできて本当に幸せです。ライブをやって、一時期お客さんが来てくれるのが当たり前と思ってしまった時期もあって、でもその気持ちに気づき反省して。ライブをして笑顔をくれる皆に感謝です。これからも皆を引っ張っていけるバンドになりますのでついてきて下さい。

渡邊 悠:The Sketchbookに入る前にもバンドをやっていて、本当に音楽が好きでした。 前のバンドでもデビューしようと頑張ってましたが、実際、人からお金をもらって来てもらうのってすごい事だと思います。本当に感謝です。 その他にもライブをするのに本当にたくさんの人が動いてくれています。すごい感謝です。 自分の夢だった。AXに自分のバンドで僕がドラムで立てた事は本当に嬉しかったです。 今日は来てくれてありがとう。

セットリスト <The Sketchbook the 2nd anniversary up to you>
1 Message
2 Funny Bunny
3 スプリット・ミルク
4 クラック
5 やまない声
6 ウォーターカラー
7 フラッシュバック
8 僕にできること
9 Exit
10 キヲク -unplugged-
11 Dr solo
12 シークレット
13 21
14 Mirror
15 Image
16 明日へ
17 Runway
18 シグナル
19 traveler
20 ドロップ
21 REFLECT
22 over the station

ENCORE
23 道

ニューシングル「明日へ/Exit」
2013年9月25日発売
【CD+DVD】¥1,890(税込) 品番:AVCA-62925
【CD】¥1,260(税込) 品番:AVCA-62926

◆The Sketchbook オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報