Sweet Licious、ポニーキャニオン新レーベルより配信シングルをリリース

twitterツイート
2013年10月2日(水)にポニーキャニオンから女性アーティストに特化した新レーベル「POPSIDE」が誕生し、その第一弾アーティストとしてSweet Licious(スウィート リシャス)の所属が決定した。

Sweet Liciousはレーベル発足と同日の2日にレーベル第一弾配信シングル「Delicious」をリリース。この楽曲はイギリスの女性2人組ユニット"Shanpoo"が95年にリリースした「Delicious」を現代風にリアレンジし、Sweet Liciousが新たな息吹を注入したカバーソングとなっている。

また、10月2日に渋谷で開催されたレーベルの発足記念イベントでは、Sweet Liciousのデジタルシングル「Delicious」のミュージックビデオに出演する、新日本プロレス所属”スイーツ真壁”こと真壁刀義氏がスペシャルレコメンダーとして激励に登場した。

Sweet Liciousのライブパフォーマンス終盤、リリースになった楽曲「Delicious」を歌い終えてミュージックビデオの撮影裏話をしていると突如、真壁刀義の入場テーマ曲が場内に響き渡り、リングさながらのパフォーマンスで真壁がステージに登場。話題はミュージックビデオの裏話に戻り、真壁は出演のオファーがあったとき、男性が多い現場が多いなか女性の現場と聞いて二つ返事で快諾したという話題で持ち切りになった。

取材も終盤に差し掛かったころ、Sweet Liciousのメンバーは数日前に誕生日を迎えた真壁へスイーツのモンブランをプレゼント。ここで真壁がスイーツの食レポをレクチャーする流れになり、真壁の手本の後Sweet Liciousのメンバーが実践するも、なかなか真壁の納得いくレポにはならず、真壁が「オレの仕事が減らなくて済んだ」と安堵する表情を見せる場面もあったが、最後にはしっかりと「バカみたいに練習して、バカみたいに夢を追い続けること」とSweet Liciousの2人を激励してイベントを締めくくった。

Sweet LiciousのSakurakoはイベント終了後、「たくさんの方の支えがあり、やっとこの日を迎える事ができました。移籍第一弾で真壁さんにMVにも、こんな近くで力強いメッセージを下さった事、本当に幸せに思います。」とコメント。Kaedeは「移籍第一弾の曲は"Shampoo"のカバー曲なのですが、女性二人というところ、そしてSweet Liciousの語源にもなっているDeliciousという言葉に運命を感じてカバーさせていただきました。洋楽カバーも初めての挑戦ですし、いつもよりセクシーで強めなリシャスを表現出来たと思います。」とコメントした。

配信シングル「Delicious」
2013年10月2日配信開始


◆レコチョク Sweet Licious「DELICIOUS」
◆Sweet Licious オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス