ロス・キャンぺシーノス!、新作11月発売

ツイート

ロス・キャンぺシーノス!の約2年ぶりとなるニューアルバム『ノー・ブルーズ』のリリースが決定した。

◆ロス・キャンぺシーノス! 画像、楽曲試聴

ロス・キャンぺシーノス!は、2006年の結成以来、独特の胸キュン・サウンドとユニークな歌詞で、これまで発表してきた4枚のオリジナルアルバムで高い評価を獲得するとともに、日本でも来日公演を複数回行っており人気を博している。新作は、2ndアルバムから制作に参加しバンドが全幅の信頼を寄せるジョン・グッドマンソン(ブロンド・レッドヘッド、デス・キャブ・フォー・キューティー他)とトム・キャンペシーノス!の共同プロデュースによって制作されたようだ。

現在、『ノー・ブルーズ』から「What Death Leaves Behind」が先行トラックとして公開されているので、バンドの新たなキラー・チューンになるであろう壮大なアンセムをまずはチェックしてみて欲しい。

11月27日(水)にリリースされる国内盤にはダウンロード・ボーナストラックとして、2013年5月に発表されたライブアルバム『A Good Night For A Fistfight (Live At Islington Assembly Hall)』が収録されることもあわせて決定となった。こちらは、2012年12月のロンドン公演の模様を収めた、全21曲約90分という大ボリュームな内容だ。


『No Blues(ノー・ブルーズ)』
2013年11月27日(水)発売
HSE-30316 \2,200(税込)
※初回仕様限定盤はボーナストラック・ダウンロードカード封入(フォーマット:mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ付予定
1.For Flotsam
2.What Death Leaves Behind
3.A Portrait of the Trequartista as a Young Man
4.Cemetery Gaits
5.Glue Me
6.As
Lucerne/The Low
7.Avocado, Baby
8.Let It Spill
9.The Time Before the Last Time
10.Selling Rope (Swan Dive to Estuary)
【初回仕様限定盤ボーナストラック・ダウンロード(フォーマット:mp3)】
『A Good Night For A Fistfight (Live At Islington Assembly Hall)』
1.Ways To Make It Through The Wall
2.Death To Los Campesinos!
3.Romance Is Boring
4.By Your Hand
5.Hello Sadness
6.A Heat Rash in the Shape of the Show Me State; or, Letters from Me to Charlotte
7.Heart Swells/100-1 / I Just Sighed.I Just Sighed, Just So You Know
8.Songs About Your Girlfriend
9.Miserabilia
10.We Are Beautiful, We Are Doomed
11.There Are Listed Buildings
12.Knee Deep At ATP
13.Straight In At 101
14.My Year In Lists
15.Heart Swells/Pacific Daylight Time
16.The Sea Is A Good Place To Think Of The Future
17.You! Me! Dancing!
18.Baby I Got The Death Rattle
19.In Medias Res
20.We Throw Parties, You Throw Knives
21.Sweet Dreams, Sweet Cheeks
この記事をツイート

この記事の関連情報