関係者の証言から紐解く<MINAMI WHEEL 2013>の表&裏Vol.30 大阪ウドー音楽事務所・拝志治

ツイート

<MINAMI WHEEL 2013>関係者Profile Vol.30
●人物⇒拝志 治(大阪ウドー音楽事務所)
●イベントの仕事⇒2003年に今はもうないNEST SALOONから色々な会場にて、運営/制作を担当させて頂いております。今回で10回目。

●あなたにとってMIMAMI WHEELとは?
ああ、秋だな~と感じる秋祭り的な。あとオースティンで観たSXSWの空気感を日本的にアレンジできた唯一無二のイベントだと思ってます。

●MIMAMI WHEELで出会ったアーティストは?
出会ったというか、印象に残っているのは、2008年 SUN HALLでの毛皮のマリーズ~lostage、2011年 KING COBRAでのKING BROTHERS、です。

●MIMAMI WHEELの穴場スポットは?
FANJ近くの焼肉屋「味希」です。昨年は3日連続で通いました。 

●MIMAMI WHEELのイベントの楽しみ方は?
まさにショーケース・ショウ。通りかかって思わず足を止めて観たものが一生のお気に入りになることもあります。アーティストも本気、お客さんも本気。味見も出来るし、がっつり味わうこともできる、そんな3日間です。

●MIMAMI WHEELのここに注目してほしいところは?
400組以上の出演者のいわゆる「After ミナホ」に注目して欲しいです。

●MIMAMI WHEELと携わって自分が変わったことは?
人を見た目で判断しない事

●オススメの時間帯は?
3日目ラストあたりの何とも言えない疲労感と寂しさを感じるときです。

◆関係者による<MINAMI WHEEL 2013>の証言 まとめ特集ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報