KARA、JAPAN TOURの初日にニコル 「これからも素敵な姿をお見せできるようにがんばります」

ツイート

KARAのJAPAN TOUR、<KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』>が10月8日、横浜アリーナを皮切りにスタートした。

メンバー、ニコルのグループ脱退報道が出ているなかで行われた公演となったが、ライブでは集まったオーディエンスにKARAの魅力をたっぷりと見せつけた模様。以下、オフィシャルレポートをお届けしよう。

  ◆  ◆  ◆

K-POPシーンを牽引し続ける女性グループ、KARAが10月8日、横浜アリーナで全国ツアー<KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』>をスタートさせた。

2013年1月にはK-POP女性アーティスト史上初となる東京ドーム公演を見事に成功させたKARA。この日のライブでも5人は、約1万2000人の観客の前でキュートかつセクシーなパフォーマンスをたっぷりと見せた。

冒頭でギュリが「お久しぶりです! ついに2回目の『KARASIA』が始まりました! 今回のテーマは“遊園地”。かわいいですか?」と挨拶。さらにニコルのグループ脱退報道を受け、ハラが「みなさんに話さなきゃいけないことがあります。たくさん心配かけてごめんなさい。これからも素敵な姿をお見せできるようにがんばりますので、応援おねがいします」とコメント、会場中から温かい拍手と声援が沸き起こった。

ライブではヒットシングル「ミスター」「ジャンピン」「サンキュー サマーラブ」、8月にリリースされたニューアルバム「FANTASTIC GIRLS」の収録曲など、アンコールを含め全25曲を披露。さらに進化したダンスとボーカルを中心に、メンバー個々のキャラクターを活かしたコーナー、遊園地をイメージした演出などを交え、充実のステージを展開した。

また終盤には、前日(10月7日)に22歳の誕生日を迎えたニコルへのサプライズ演出も。用意されたバースデーケーキのロウソクの火を一気に吹き消したニコルは、「みなさん、誕生日のメッセージをたくさん送ってくれて、ありがとうございます。愛してます!」と感謝の気持ちを表した。

「いつもみなさんに支えてもらって、本当に幸せだと思います。ありがとうございます!」(ギュリ)という言葉とともにステージを後にしたKARA。横浜アリーナ2days(10月8日、9日)のあとは、マリンメッセ福岡(10月16日、17日)、大阪城ホール(10月23日、24日)、名古屋 日本ガイシホール(10月29日、30日)、サンドーム福井(11月9日、10日)、さいたまスーパーアリーナ(11月19日、20日)、神戸ワールド記念ホール(11月23日、24日)でライブを行い、計7都市14公演で約12万人を動員。大きくスケールアップした今回のツアーによってKARAは、そのカラフルな魅力をしっかりとアピールすることになりそうだ。

<KARA 2nd JAPAN TOUR 2013 『KARASIA」』>
10月8日(火) 横浜アリーナ
10月9日(水) 横浜アリーナ
10月16日(水) マリンメッセ福岡
10月17日(木) マリンメッセ福岡
10月23日(水) 大阪城ホール
10月24日(木) 大阪城ホール
10月29日(火) 名古屋日本ガイシホール
10月30日(水) 名古屋日本ガイシホール
11月9日(土) サンドーム福井
11月10日(日)  サンドーム福井
11月19日(火) さいたまスーパーアリーナ
11月20日(水) さいたまスーパーアリーナ
11月23日(土) 神戸ワールド記念ホール
11月24日(日) 神戸ワールド記念ホール

◆アジアンアーティスト チャンネル
◆KARA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報