【イベントレポート】t.A.T.u.、秋葉原に降臨

ツイート

2013年10月17日、秋葉原にt.A.T.u.が降臨した。元祖制服デュオとでも言うべき、大ヒットを記録したあのジュリアとレナの2人が、当時の制服衣装そのままにタイムスリップしたかの鮮烈な登場を見せた。

◆t.A.T.u.画像

この日行われたのはスニッカーズの新CM発表会で、前回のスニッカーズCMに登場していた内田裕也からバトンを渡す形で、最新CMに登場するのがt.A.T.u.の2人なのだ。スニッカーズは「ハラが減ってるキミは、いつものキミじゃない。」をキャッチフレーズに2011年からシリーズ化したCMを放送しているが、今回お腹が空いて不機嫌な役をt.A.T.u.が演じているというもの。

そしてこの日のMCを担当したのが、タモさんそのままで登場したコージー冨田だ。もちろんこのシチュエーションは、2003年6月27日のMステ生放送でのドタキャン騒ぎをパロったもの。最初の呼び出しでt.A.T.u.のふたりが出てこないというお約束の展開をはさみつつ、ステージに笑顔で登場したジュリアとレナは、スニッカーズのCMを2日にわたって撮影したエピソードを披露。周りのスタッフはじめプロフェッショナルな撮影とともに、暖かく迎えられたことに喜ぶふたりだった。

「ドタキャン騒動」というマイナスなイメージや「レズビアン演出」などでスキャンダラスに活動するという、その仕掛け人であったプロデューサー:イヴァン・シャボヴァロフの策略によって、日本でのイメージを地に落とされたふたりだったが、現在は各々がソロで活動している。…ものの、日本ではまたt.A.T.u.としてコンサートを行いたいとも笑顔で語ってくれた。アーティストがアーティストとしてピュアに活動するという、そんな当たり前のことすらままならなかった彼女たちだが、t.A.T.u.の持つ音楽性とその歌声は不変であり、この日パフォーマンスされた大ヒット曲「All The Things She Said」も、かつてのt.A.T.u.と何ら変わらないハスキーながら透き通るように絡む歌声となって秋葉原の街に響き渡った。t.A.T.u.としての活動再開を切に願うところだ。

スニッカーズ 新CMは、10月18日(金)より全国オンエアーとなる。

この記事をツイート

この記事の関連情報