湯川れい子、文化放送で大いに語る。ポール・マッカートニー特番決定

ツイート

11月12日から約11年ぶりとなる来日公演を行なうポール・マッカートニー。これを前に文化放送ではポールの特別番組と特集を放送する。

10月25日(金)19時00分から1時間にわたって放送されるのは、『ポール・マッカートニー アウト・ゼアー・ジャパン・ツアー直前スペシャル~ポール、日本はあなたを心から愛しています!~』。出演は、音楽評論家の湯川れい子と、文化放送・太田英明アナウンサーだ。

番組では、10月14日リリースされたばかりのポール・マッカートニーのアルバム『NEW』と、11月11日にリリースされるザ・ビートルズのアルバム『オン・エア-ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』から楽曲オンエア。そして曲と曲の合間には、湯川れい子がポールの近況報告、ツアーレポート、そして来日公演の楽しみ方を語る。

今回のツアーを北米で2度観て、さらに47年ぶりにポールにインタビューをした湯川れい子。10月16日に文化放送で行なわれた番組収録では、ツアーについて、「何よりも立ち姿が美しい、71歳になって何かしら楽器を弾きながら歌うんです。しかも全部昔と同じキーの高さなんです。それってすごいでしょう?」「ポールはウイングスの時代には絶対ビートルズを振り向かなかった。それなのに、ビートルズの時代も解散してからも、一度の演奏されたことのなかったビートルズナンバーを5曲もやっています。」「そして今回、色濃く出ていたのがジョンです。ジョンがいたから僕がいた、ジョンがいたからビートルズがあったんだよ、と、初めてポールは私たちにも投げかけてくれています。」「今回のツアー名<OUT THERE>は、『君たちのいるところに僕たちがいくからね、別れを告げる前にいい行ないをしよう』ということ、『君の人生も僕の人生もビートルズと一緒にあったんだ、一緒に分かち合おうよ』という思いに溢れていて、2度も大泣きしてしまいました。」などなど語っているとのこと。なお、番組ではこの特別番組のオリジナルステッカーをリスナーにプレゼントする。

またこの特番に先立ち、10月23日には、文化放送午前ワイド『くにまるジャパン』の「洋楽ジャパン」コーナー(12時8分頃から12時32分頃まで)にも、湯川れい子が出演。“ビートルズのラブソング”をテーマに、ジョン・レノン、ポール楽曲を併せて紹介。さらに来日直前の話題なども届ける。

【番組概要】
正式番組名:「文化放送フライデープレミアム『ポール・マッカートニー アウト・ゼアー・ジャパン・
ツアー直前スペシャル~ポール、日本はあなたを心から愛しています!~』」
放送日時:10月25日(金)19:00~20:00

(c)MPL Communications Ltd.
◆文化放送
この記事をツイート

この記事の関連情報