キーン、ベスト・アルバムを最後に活動を休止

ツイート
UKのバンド、キーンが11月にリリースするベスト・アルバムを最後に活動を休止するという。解散と伝えるメディアもあるが、バンド側はその言葉を使用していない。しかし、無期限で活動を停止するのは確かなようだ。

◆キーン画像

関係者は「キーン、解散」の第一報を伝えた『The Sun』紙にこう話している。「彼らのアルバム全てがNo.1に輝いた。(メンバーは)仲違いしたわけではなく、この先も親しい友人であり続ける。しかし彼らは、頂点にいる間に辞め、奥さんや家族と一緒に過ごす時間を作ろうと決めたんだ」

バンドのスポークスマンは「キーンはベスト・アルバム発表後、それぞれのプロジェクトに専念するため活動を休止することにしました」と話している。ヴォーカルのトム・チャップリンは現在、ソロ・アルバムを制作中、曲作りの要だったティム・ライス=オクスリー(Key)は、ソングライターとしてほかのアーティストに曲を提供していくという。

キーンは、2004年に発表したデビュー・アルバム『Hopes And Fears』から2012年の『Strangeland』まで、リリースした4枚のアルバム全てがUKチャートのNo.1を獲得。キャリア初のベスト・アルバム『The Best Of Keane』は11月11日にリリースされる(UK)。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報