ブライアン・メイ「サシャはフレディを演じるには個性が強すぎた」

twitterツイート
クイーンのブライアン・メイが、フレディ・マーキュリーの伝記映画で彼を演じるはずだったサシャ・バロン・コーエンの降板について語った。すでにロジャー・テイラーから、コメディ色の強い彼は相応しくなかったとの発言があったが、ブライアン・メイはこう見ていた。

◆サシャ・バロン・コーエン画像

彼は『Classic Rock』誌のインタビューで「結局、僕ら、映画でのサシャの存在感が目につくようになってしまった」と話した。「彼の最近の3作、『The Dictator』『Les Miserables』『Hugo』は素晴らしい演技だった。でも、どれも“サシャ・バロン・コーエン演じる”だった。僕らは、フレディの映画にそういう気の散る要素はあってはならないって思ったんだ。フレディを演じる人をフレディ本人だって思い込むようじゃないとね。僕ら、サシャでそれができるとは思えなかった」

ブライアン・メイはまた、一部マスコミでの報道とは違い、コーエンとは友好的な別離だったと話している。「彼が出て行ったって、センセーショナルな話になっちゃったのは残念だよ。事実じゃない。僕ら、サシャにはすごく感謝しているんだ。彼はこのプロジェクトに対して熱心で、僕らがスタート地点に立つのを後押ししてくれた」

ロジャー・テイラーによると、彼らはコーエンの後任に『007 スカイフォール』でQを演じたベン・ウィショーを推しているそうだ。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報