ロジャー・テイラー、ソロ・アルバムでほとんどの楽器をプレイ

ツイート

ロジャー・テイラーが間もなく、15年ぶりとなるソロ・アルバム『Fun On Earth』をリリースする。ドラマーおよびシンガーとして知られる彼だが、同アルバムではドラムはもちろん、ギターやピアノ、ベースなどほとんどの楽器をプレイしたという。

◆ロジャー・テイラー画像

彼はBANG Showbizにこう話している。「アルバムではキーボードやギターをいっぱいプレイしている。僕は古いギター、美しいエレクトリック・ギターをコレクションしてるんだ。大好きだよ。美しい品々だ。ピアノもプレイしたし、もちろん歌った。それにベースもちょこっとやっている。全部の曲ではないけどね」

さらに『Fun On Earth』では豪華なゲストも迎えているそうだ。

「(「Say It's Not True」では)ジェフ・ベックがプレイしている。彼の演奏を崇拝している。彼は最高のギタリストだよ」。

また、息子のルーファスとのコラボ曲もある。ロジャーの15年ぶり5枚目となるソロ・アルバム『Fun On Earth』は11月11日にUKでリリースされる。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス