【ライブレポート】ソノダバンド、<巡>ツアースタート

twitterツイート

11月7日から、2013年のソノダバンドのツアーが始まる。ツアータイトルは<巡(めぐる)>。いろんなことが想像できる言葉。きっと人の数だけ、「巡」に対する考え方があるだろう。そんなタイトルで、彼らはどんな音を聴かせてくれるのか?

◆ソノダバンド画像

彼らの音を始めて聞いたのは、2010年12月25日のBunkamuraオーチャードホールでのコンサート。あの冬以降、日本に起きたことを考えると、この3年はとても重く長い。そして、また冬が巡ってくる。しかし、冬の先には春が巡る。そんな季節にも「巡」は使われる。「移動する」「循環する」という意味を持つこの言葉に、彼らはどんな意味をadd onするのだろうか?

前回、彼らのライブを観たのは、2013年6月30日に下北沢GARDENで行われたJABBERLOOPとの<SUMMERに向かってまっしぐらツアー>ファイナルだ。その時のレビューを記しておく。

<SUMMERに向かってまっしぐらツアー>と名付けられた、一週間に凝縮されたツアーが6月の最終週、大阪、名古屋、福岡、東京で開催された。2013年6月30日、下北沢GARDENのツアーファイナル。インストバンド同士のツーマンで、どんな展開になるのだろう、と思っていたが、すでに3本のライブを終えた彼らはすっかり互いの音に、自らの音を絡ませる術を知っているようだった。

最初にステージに現れたのは、ソノダバンド。何かが違う。そう単純にメンバーの立ち位置が違う。いや、それだけでない何かが違う。

「上海午前零時」「上陸セヨ」で、勢いよくスタートする。まるで祭りのよう。MCでは、園田が関西弁。意識して使っているわけではなく、JABBERLOOPのメンバーと過ごしたことで、素に近い状態になっているよう。これもいつもにない、気持ち良い裏切り。

ちょっとつかみどころのない「Brazilian Sunset」。ピアノで勢いよく始まり空へ舞い上がるような「The Coast Session」。“渾身”という言葉が思い浮かぶ。

ここで、JABBERLOOPの力を借りたい!ということで、バイオリンの熱田とチェロの橋本の二人が、JABBERLOOPサックスのDAISUKEとトランペットのMAKOTOとチェンジ。「Flying Express II」は、管楽器の音が高く響く。メインの楽器が変わることで、新たな表情が表れる。

メンバーが戻り、激しさのなかに艶っぽさを感じる「悲しい太陽」。続いて、しっとりとチェロ×ピアノにバイオリンが入ってくる「きえてなくなりたいぼくたちのために」。

今日は、やはり何かが違う。それは、人生の上り下りを歌っているよう。飾らないこと、いい意味での粗さが、生きることをリリカルに伝える。

今度は、曲の力を借ります、ということでJABBERLOOPの「シロクマ」を、ソノダバンドヴァージョンで。ジャンプもばっちり決まりました。

ふと何が違うのかに気づいた。いつもどことなくお行儀のよい彼らが、感情を露わにする瞬間があるということだ。よそ行きの顔ではなくて、自分たちを主張する、それが対バンの意味かも。互いを食い合いつつ、食い尽くさないことで、得られるものなのかもしれない。

「今日は、どうもありがとう」とともに最後の曲「生きる」。まるで初めて彼らの演奏を観たときのような感覚を覚えたステージだった。

6月30日から4ヶ月。彼らが新たに奏でる音を、楽しみに待ちたい。

ソノダバンドメンバー:園田 涼(keyboards)、熱田 哲(violin)、橋本 怜(cello)、赤股 賢二郎(guitar)、牧瀬 崇之(bass)、小山田 和正(drums)

JABBERLOOPメンバー:DAISUKE(Sax)、MAKOTO(Trumpet)、MELTEN(Keyboard)、YUKI(Bass)、YOHEI(Drums)

<SUMMERに向かってまっしぐらツアー>
ソノダバンド
1.上海午前零時
2.上陸セヨ
3.Soul River
4.Brazilian Sunset
5.The Coast Session
6.Flying Express II (w/JABBERLOOP・ホーンズ)
7.悲しい太陽
8.きえてなくなりたいぼくたちのために
9.Take Me To The Party
10.シロクマ
11.Take Me To The Carnival
12.生きる
JABBERLOOP
1.荘厳伝説?
2.Here We Go!!?
3.ヤングスター
4.Behind the wind
5.本日モ晴天ナリ
6.愛の鼓動 (w/sonodabandストリングス&ギター)
7.Take me to the carnival
8.センキュー
9.シロクマ
Encore. ソレソレ

JABBERLOOP×ソノダバンド『SUMMERに向かってまっしぐらツアー』LIVE DVD
\4,200
http://junonsaisai.thebase.in/items/113271

<sonodaband Live Tour 2013 ~from north to south~「巡」>
11月7日(木)札幌 KRAPS HALL
開場 18:30 開演 19:00 ※全自由
[問]WESS 011-614-9999(平日 11:00-18:00)

11月10日(日)仙台 darwin
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]キョードー東北 022-217-7788(平日 10:00-19:00、土曜 10:00-17:00)

11月22日(金)梅田シャングリラ
開場 18:30 開演 19:00 ※全自由
[問]夢番地大阪 06-6341-3525(平日 11:00-19:00、土曜 12:00-17:00)

11月23日(土)京都 Live Spot RAG
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]夢番地大阪 06-6341-3525(平日 11:00-19:00、土曜 12:00-17:00)

11月24日(日)神戸クラブ月世界
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]夢番地大阪 06-6341-3525(平日 11:00-19:00、土曜 12:00-17:00)

11月26日(火)名古屋 Tokuzo
開場 18:30 開演 19:00 ※全自由
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00-18:00)

11月30日(土)渋谷
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

12月9日(月)岡山 CRAZY MAMA 2nd room
開場 18:00 開演 18:30 ※全自由
[問]夢番地岡山  086-231-3531(平日 11:00-19:00、土曜 12:00-17:00)

12月10日(火)広島 Back Beat
開場 18:00 開演 18:30 ※全自由
[問]夢番地広島 082-249-3571(平日 11:00-19:00、土曜 12:00-17:00)

12月14日(土)松山サロンキティ
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]DUKE松山 089-947-3535(平日10:00-18:00、土曜10:00-15:00)

12月15日(日)高松 DIME
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]DUKE高松 087-822-2520(平日10:00-18:00、土曜10:00-15:00)

12月20日(金)長崎 DRUM Be-7
開場 18:00 開演 18:30 ※全自由
[問]キョードー西日本 092-714-0159(平日 10:00-19:00、土曜 10:00-17:00)

12月21日(土)福岡 Gate's7
開場 17:00 開演 17:30 ※全自由
[問]キョードー西日本 092-714-0159(平日 10:00-19:00、土曜 10:00-17:00)

[寄稿] 伊藤 緑:http://www.midoriito.jp/

◆ソノダバンド・オフィシャルサイト
◆JABBERLOOPオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報