ジョーン・ジェット、ロマンチック・コメディー映画をプロデュース

ツイート
ジョーン・ジェットが映画をプロデュースする。ダークなロマンチック・コメディーで、本人も出演するという。

◆ジョーン・ジェット画像

映画のタイトルは『Undateable John』。ジェットはAA(アルコール依存症更生会)で“翔んだカップル”と親しくなるパンク・ミュージシャンを演じるそうだ。映画には、『Planet Of The Apes/猿の惑星』のエステラ・ウォーレン、ダリル・ハンナ、トム・アーノルドらが出演。Demian Lichtensteinが監督する。

ジョーン・ジェットが映画のエグゼクティブプロデューサーを務めるのは、彼女が在籍していたガールズ・ロック・バンド、ザ・ランナウェイズのバイオグラフィー映画『The Runaways』(2010年)に続き2回目。

ジョーン・ジェットは9月に7年ぶりのニュー・アルバム『Unvanished』をリリースした(日本盤12月18日発売)。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報