ローリー・アンダーソン「ルー・リードは木を見ながら息を引き取った」

ツイート
ルー・リードの未亡人、ローリー・アンダーソンがルー・リードの最後について語った。ルー・リードは自然を目にしながら、安らかにこの世を去ったようだ。

◆ルー・リード画像

ローリー・アンダーソンは木曜日(10月31日)、地元紙『The East Hampton Star』に「隣人達へ」と題した公開書籍を寄せた。彼女はその中で「先週、病院を出て(彼らが住む)スプリングスへ戻ろうと、ルーと約束しました。それは実現しました!」と記した。

「太極拳の師であるルーは最後の日々、この土地で安らかに、自然の美しさや力、優しさに感嘆しながら過ごしました。彼は日曜の朝、木立を見つめつつ、ミュージシャンの手を宙で動かし太極拳の有名な21形式を行ないながら、息を引き取りました」と明かし、「ルーはプリンスでありファイターだった」と評した。

「この世の痛みと美しさを歌った彼の曲により、多くの人の心が、彼自身が人生で感じていたとてつもない喜びで満たされることでしょう。私たちみんなの上に降り注ぐその美しさに万歳!」

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報