【ライブレポート】JiLL-Decoy association、ホールワンマンのステージから見えた景色

twitterツイート

11月2日、日本橋・三井ホールにてJiLL-Decoy associationのワンマンライブが開催された。ホールでのワンマンは、結成から11年にして今回が初めてとなるもの。彼らの今のサウンドを伝えるに相応しいと感じて決めたという会場:日本橋三井ホールは、満席となる大盛況となった。

◆JiLL-Decoy association画像

この日はツアーファイナルということもあり、特別な最大10人の豪華なバンド編成で、3管ホーンセクションやオルガン、ヴァイオリンなども加わった厚みのあるサウンドを展開。逆にボーカルとギターのデュオでシンプルなアコースティック曲を聴かせたり、ジルデコの歴史を振り返ることのできる名曲たちをメドレーで盛り上げるなど、ライブ・アーティストとしてのクオリティの高さと奥の深さが余すところなく披露されることとなった。

今回は9月4日に発売されたアルバム『ジルデコ5』のリリースツアーとして、特に30代女性であるボーカルchihiRoがアルバムのテーマでもある「同世代への応援歌」を中心に歌ってきたツアーであったが、会場はジルデコを見守るオーディエンスで埋め尽くされ、逆に多くのファンから応援されて今があることがひしひしと伝わってくるライブでもあった。

本編最後の曲では、chihiRoは感動のあまり、こらえきれず涙する一幕も。これまでジャズフェスや大型イベントへの参加など、様々な大きな舞台でのライブ経験を多数重ねてきている彼女だが、ホールクラスでのワンマンライブでは、ステージから見える風景も違ったようだ。



<ジルデコ・ラウンジ ~クリスマス・ツアー2013~>
12/14(土)東京・JZ Brat
12/15(日)東京・JZ Brat
12/21(土)名古屋・Mr.Kenny's
12/22(日)名古屋・Mr.Kenny's
12/24(火)大阪・Mister Kelly's
12/25(水)大阪・Mister Kelly's

◆JiLL-Decoy associationオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報