ウィズイン・テンプテーション、2014年1月22日に『ハイドラ』発売

twitterツイート

ウィズイン・テンプテーションのニューアルバム『ハイドラ』の発売が明らかとなった。通算6作目となるスタジオ・アルバムで2014年1月22日に発売となる。

◆ウィズイン・テンプテーション画像

『ハイドラ』は、シャロンと双璧をなす歌姫ターヤ・トゥルネン(元ナイトウィッシュ)、キルスウィッチ・エンゲイジの元シンガーであるハワード・ジョーンズ、ソウル・アサイラムのデイヴ・パーナーといった強力なゲスト陣の参加もポイントだ。

タイトルのハイドラとは、古代ギリシア神話に登場する不死身の蛇を指すが、たくさんの首のうち1本を切り落としても、そこから2本の首が生えてくるという怪物に対し、ギタリストのロバート・ウェスターホルトはこう語る。

「まるで僕らのようじゃないか!そんな気がするんだ!それに、新作は僕らの音楽の様々な側面を表していて、まさしくたくさんの首を持つ怪物であるハイドラが、アルバム・タイトルとして完璧だと思ってね」

一方のシャロンは、ターヤの参加についてこのように述べている。

「彼女が歌う高いメロディ・ラインに、私たちは言葉を失ったわ。彼女とはとても素晴らしい時間を一緒に過ごしたし、ファンの皆からは想像以上の反響があったの」

収録曲の中でもっともヘヴィな曲のひとつ「デインジャラス」には、ハワード・ジョーンズが参加。彼の壮大な歌声は、シャロンのそれと完璧にフィットしたという。

「私はずっと彼の声のファンだったの。彼の歌声は、すでにヘヴィな楽曲をさらにヘヴィにさせる。この曲はアルバムの中でも私のお気に入りのひとつで、ウィズイン・テンプテーション史上もっとも速い曲よ。今までで一番バスドラも鳴らしたし、シンセを重ねたとても速いリフもね。普通のシンセサイザーじゃなく、ギターみたいにアグレッシヴでディストーションがかかったシンセなの」とシャロンが熱く語る。

『ハイドラ』は、ソウル・アサイラムの黄金の声を持つシンガー、デイヴ・パーナーをフィーチャーした「ホール・ワールド・イズ・ウォッチング」によってさらに強力になるという。シャロンは「私たちがこの曲を書いたとき、デイヴはゲスト・シンガーの候補の最有力だったわ。彼の魅力的な声は、この曲を完璧なものにしてくれたの」と語っている。

アートワークは、『X-MEN』や『バットマン』といった有名コミックの作画を担当するロマノ・モレナーが手掛けている。前作『ジ・アンフォーギヴィング』のアートワークに続くコラボレーションだ。

なお、CD2枚組の『ハイドラ ~デラックス・エディション』も限定発売される。ディスク1は、全曲彼らのオリジナル曲で構成されており、ディスク2には名曲のカバーが6曲と、新曲をメンバー自身が解説したコメンタリー・オーディオ・トラックの4曲が収録される予定だ。ブルーノ・マーズの「グレネイド」、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「愛の救世主」、それぞれのカバーは日本盤デラックス・エディションのみのボーナス・トラックとなる。


ウィズイン・テンプテーション/WITHIN TEMPTATION
『ハイドラ/HYDRA』
2014年1月22日 日本先行発売
限定盤VIZP-121 3,000円+税
通常盤VICP-65205 2,500円+
DISC 1
1.Let Us Burn
2.Dangerous feat. Howard Jones
3.And We Run
4.Paradise (What About Us?) feat. Tarja
5.Edge Of The World
6.Silver Moonlight
7.Covered By Roses
8.Dog Days
9.Tell Me Why
10.Whole World Is Watching feat. Dave Pirner
DISC 2
1.Radioactive (Imagine Dragonsのカバー)
2.Summertime Sadness (Lana del Rayのカバー)
3.Let Her Go (Passengerのカバー)
4.Dirty Dancer (Enrique Iglesiasのカバー)
5.Grenade (Bruno Marsのカバー)
6.The Power Of Love (Frankie Goes To Hollywoodのカバー)
7.And We Run - evolution track
8.Silver Moonlight - evolution track
9.Covered By Roses - evolution track
10.Tell Me Why - evolution track

◆ウィズイン・テンプテーション・オフィシャルサイト
◆ウィズイン・テンプテーション・レーベルサイト
◆VICTOR ROCKSサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス