三宅由佳莉、パリ・ギャルドと共演、大きな拍手とブラボーの声

twitterツイート

11月7日(木)東京オーチャードホールで開催されたパリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のコンサートに、海上自衛隊東京音楽隊から三宅由佳莉と太田紗和子(Pf)が参加し、代表曲「祈り~a prayer」を披露した。

◆三宅由佳莉画像

パリ・ギャルドは、フランス共和国親衛隊の軍楽隊で、その起源は1848年に創設された12名のファンファーレ隊にまでさかのぼるという、世界有数の名門吹奏楽団だ。今回の共演は、東日本大震災復興に向けた応援歌である同曲に、復興を願うパリ・ギャルドの想いが重なり実現となったもの。

第9代楽長/首席指揮者フランソワ・ブーランジェの指揮によって統制された80名の一糸乱れぬアンサンブルが、オーチャード・ホールの1700名の観客を魅了、第二部の冒頭で三宅と太田がステージに登場し、三宅の歌声がやさしく響く吹奏楽の演奏と共に会場を包み、大きな拍手とブラボーの声が響いた。

終演後にマエストロ、フランソワ・ブーランジェは、「彼女は非常に表現豊かだと思いました。オーケストラ全員が三宅さんとご一緒できて本当に楽しんだと思います。来年も来日するのでまたお会いしたいです。そして「祈り~a prayer」は本当に美しいメロディの曲ですね」と、三宅由佳莉の歌声と楽曲を絶賛した。

「彼らはサウンドがやさしくて伸びやかで、癒されるサウンドだったので、私もやさしい気持ちになりながら歌うことができたかな、と思います。彼らと同じ空気を吸いながら演奏できるという、本当に大変貴重な体験が出来たので光栄です。この曲(「祈り~a prayer」)が私をいろんなところにつれて行ってくれて、いろんな人に出会わせてくれているな、と思います。私自身この曲を通じて成長していっている気がします。」──三宅由佳莉

三宅由佳莉は今後共演したいアーティストとして、「世界で活躍する歌手の皆様と一緒に「祈り~a prayer」が歌えたりしたら、嬉しいです」と、ヘイリーやサラ・ブライトマンの名を挙げた。海上自衛隊東京音楽隊/三宅由佳莉のアルバム『祈り~未来への歌声』は11/3付クラシック・チャートで1位を記録、2013年8月末のリリース以降通算6週間1位をマークするロング・ヒットとなっている。

◆三宅由佳莉 特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon