銀杏BOYZ、ベース安孫子真哉とチン中村の脱退を発表

ツイート

2013年11月15日、銀杏BOYZから安孫子真哉(Ba)とチン中村(G)が脱退することがオフィシャルサイトにて発表された。

◆銀杏BOYZ 画像

   ◆   ◆   ◆

<安孫子真哉、チン中村から脱退に関するコメント>

銀杏BOYZのニューアルバムがやっと完成し、本当に嬉しいです。
そして今作品の完成を目前にして私は力尽きてしまい、脱退する事に至りました。
沢山の人達のおかげで得難い喜び、熱狂と爆笑の日々を過ごす事が出来ました。

どうもありがとうございました!

数年分の汗と涙と笑いで創られた作品です。
1人でも多くの方に楽しんで頂けたら、もうこんなにも喜ばしい事はありません。
皆さんどうか聴いて下さい。

安孫子真哉

2003年から現在まで、僕は銀杏BOYZのメンバーとしてチームの中で教えられ、鍛えられ、みんなと一緒に成長してきました。

この10年間は、僕の生きている証でした。

しかし、ここ数年のレコーディングの中で、銀杏BOYZでいるための力を使い果たしました。
新しい音源には、これまでのすべてが詰まっています。

今まで愛してくださったすべてのみなさん。
そしてこれから初めて僕らの作品を聴くみなさん。
これが銀杏BOYZの音楽です。

チン中村

■安孫子真哉、チン中村 脱退のお知らせ

先日、ようやく銀杏BOYZのアルバムが完成しました。
その前にお伝えしないといけないことがあります。

銀杏BOYZのメンバーとして約10年間苦楽を共にしてきました。
安孫子真哉とチン中村の脱退が決まりましたことをここにご報告させていただきます。

これまで応援してくださったファンの皆様、
銀杏BOYZは今後も活動を続けていきますので、
これからも宜しくお願いいたします。

銀杏BOYZスタッフ

   ◆   ◆   ◆

銀杏BOYZは、2003年1月に前身バンドのGOING STEADYが突然解散し、その後ボーカルの峯田和伸によりすぐに結成され、当初は峯田のソロ名義だったが、同じくGOING STEADYの安孫子真哉(Ba)と村井守(Dr)と新ギタリストのチン中村が参加して同年5月から本格的に活動を開始した。オフィシャルサイトでのコメントのとおり、彼らはついに完成したというニューアルバムのリリースが予定されているが、今回の発表に続くさらなるアナウンスが待たれる。

◆銀杏BOYZ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報