ロビー・ウィリアムス、テイク・ザット脱退のために150万ポンド

twitterツイート
ロビー・ウィリアムスは1995年のテイク・ザット脱退の際に150万ポンド(約2億4千万円)を支払っていたようだ。

◆ロビー・ウィリアムス画像

2010年に発売されたテイク・ザットの6thスタジオ・アルバム『プログレス』で、ゲイリー・バーロウ、ハワード・ドナルド、ジェイソン・オレンジ、マーク・オーウェンらメンバーと再結成を果たしたロビーだが、初めてグループを離れる際に、契約解除のためにそれまで得た収入以上の金額を支払う羽目になっていたと語っている。

英BBCラジオ4の番組『マスターテープス』内でロビーは「詳しく話せない理由には、ある人たちは俺のことを訴えるのが好きで、勝訴も好きだってことがあるんだよ。契約を解除するのとレコード会社からの離脱にはかなりの要求があったわけさ。たぶん俺はテイク・ザットで100万ポンドそこそこ稼いだと思うんだけど、契約解除には150万ポンドもかかったんだよ。つまり俺は20歳で50万ポンド(約7900万円)の借金を抱えてテイク・ザットを去る羽目になったってわけさ」と話した。

ロビーは脱退の意向をメンバーに伝えた夜を振り返り、そのことがメンバーのその夜を台無しにしたかもしれないと説明した。

「みんなに「これが俺にとって最後のツアーになるよ」って言ったんだ。全てが起こり始める前にその夜みんなでカレーを食べに行ったんだけど、みんなにとって楽しい夜じゃなかったと思うよ。ホテルに戻ってまた酔っぱらって、次の日に起きてリハーサルに行ったんだけど、あんまりいい気分ではなかったね」

その一件についてジェイソンは、ロビーが本人の希望よりも早く離脱したことで、残りの4人のメンバーが自分たちだけでもグループとして十分にやっていけると証明するチャンスを与えてくれたとしている。その後、テイク・ザットは1996年に解散するまで、ロビーなしでワールドツアーを成し遂げている。

「お昼にジェイソン・オレンジが「ロビー、俺たちはゆっくり座って話をする必要があるよ」って言ってきたんだ。それで「このツアー後にお前は抜けるって言ってたけど、俺たちは今すぐにお前が抜けることが最善だと決めたんだ。そうしたら俺たちが4人組としてやれることを証明できるからね」って言われたよ」とロビー・ウィリアムスは当時の状況を説明している。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報