【Kawaii girl Japan/コメント動画】東京パフォーマンスドール、再演決定の<PLAY×LIVE『1×0』>の魅力を語る

ツイート

新生・東京パフォーマンスドールがKawaii girl Japanに初登場。<PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)>エピソード4公演が終了したばかりのTPDからコメントが到着。2014年1月31日(金)よりエピソード1&2のアンコール公演が決定と話題の<PLAY×LIVE『1×0』>」について訊いてみた。エピソード4公演のレポートと合わせてお届けします。

◆東京パフォーマンスドール コメント動画&エピソード4ライブ写真






  ◆  ◆  ◆

11月21日、渋谷の劇場『CBGKシブゲキ!!』にて、東京パフォーマンスドール公演、<PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ ワンバイゼロ)>エピソード4公演が行われた。

“20××年シブヤ”を舞台に、地下世界に迷い込んだ少女達が、若者の間に流行る謎のSNS「1×0」(ワンバイゼロ)の秘密を追うストーリーを描く「演劇」パートと、歌とダンスがノンストップで繰り広げられる「ダンスサミット」パートで構成されるステージでは、プロジェクションマッピングやレーザーなど多彩な演出が効果的に使用され、約240席の小劇場を贅沢な異空間へ創りかえ、話題を集めている。

今年2013年8月にスタートした本公演では、エピソードごとにメンバーが2人ずつ主役がかわっていく展開で『1×0』の謎が次第に解き明かされてゆくが、そこでは友情、信頼、不安、希望、夢、成長、、、10代の揺れる少女達のリアルな気持ちが描き出され、メンバーの個性や新た魅力が引き出されている。

エピソード4の物語は、神宮沙紀と飯田桜子が主役を務めた。一見冷めた様子のウサキ(神宮)とアイドルキャラのラコ(飯田)。持ち味の全く異なる二人が、迷い込んだ地下世界で何故かチームを組むことに。ウサキはKY気味のラコが気に食わない。そして謎の住人「ゼペット」と出くわし、、、。

異色コンビの予測のつかない展開も楽しみだが、更に今回の見どころは、日本HIP HOP界のレジェンド、いとうせいこう(作詞)とDub Master X(作曲)が、エピソード4の劇中歌「Bitter Sweet Memory」をTPDのために書き下ろし、メンバーが初のラップを披露したことだ。

初日開幕前にいとうせいこう版のデモ音源がネットで先行公開されていたり、またTPDのTVレギュラー番組『東京号泣教室 ~ROAD TO2020~』(第3回放送分)でゲスト講師としていとう氏が登場し、TPDメンバーにラップの基礎講座を行っていたりしたので(※放送局によって放送日時は異なります)、その本格的ラップ曲がTPDによりどんなパフォーマンスになるのか、ファンの間でも注目が集まっていた。

韻を踏む歌詞とオフビートなリズム、言葉の洪水と格闘しながら、神宮、飯田、はじめメンバーによる、瑞々しいエネルギーに溢れたTPDオリジナルのラップが披露され、会場も熱気に包まれた。 

そして後半のダンスサミットパートでは、カラフルなチュールが可愛らしい新衣装で登場。スイートなキャンディカラーのチュールは光によって表情をかえる。衣装の早替えも健在。神宮&飯田のデュエット「おちゃめなジュリエット」では7名の研修生「TPD DASH!!」 もパフォーマンスに参加し、元気いっぱいのダンスを披露した。そしてダンサミの新曲としては、先代TPDの楽曲「東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ」が初披露され、キレのあるリズムと群舞で会場のボルテージも最高潮に。そしてアンコールの「WEEKEND PARADISE」では、客席も総立ちとなり、演劇として開演したステージがライブの高揚感とともに幕を閉じた。

今公演は、12月20日(金)~25日(水)にはエピソード5の上演も控え、『1×0』の謎のクライマックスへ期待が高まるが、更に来年1月31日(金)~2月11日(火・祝)には、エピソード1&2同時上演のアンコール公演を行うことも先日発表された。これまでの公演を見逃していたファンにも嬉しいお知らせだ。今度こそ『1×0』の世界を是非コンプリートして欲しい。ダンスサミットもバージョンアップされるとのことで期待大だ。

なお、2013年11月20日正午より11月27日正午までの期間、cubit club会員限定(登録無料)でチケット最速先行の抽選受付中だ。チケット一般発売は2013年12月22日より開始。詳細は、TPDオフィシャルサイトにてチェック!

撮影:桜井隆幸

■エピソード4パフォーマンス楽曲
●演劇パート
01.ダイヤモンドは傷つかない(リアレンジバージョン)
02.Bitter Sweet Memory(エピソード4 オリジナル曲)

●ダンスサミットパート
01.十代に罪はない(リアレンジバージョン)
02.キスは少年を浪費する(リアレンジバージョン)
03.Secret Garden(エピソード3 オリジナル曲)
04.リズムパフォーマンス
05.おちゃめなジュリエット(リアレンジバージョン)
06.東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ(リアレンジバージョン)
07.DREAMIN'(オリジナル曲)
08.WEEKEND PARADISE(リアレンジバージョン)

▼PLAY×LIVE『1×0』EPISODE 4 Official Digest

■<PLAY×LIVE『1×0』>公演日程
会場:CBGKシブゲキ!!
【エピソード1】2013年8月15日(木)~18日(日)※終了
【エピソード2】2013年8月22日(木)~25日(日)※終了
【エピソード3】2013年10月11日(金)~14日(月・祝)※終了
【エピソード4】2013年11月21日(木)~24日(日)※終了
【エピソード5】2013年12月20日(金)~25日(水)
※公演詳細はオフィシャルサイトでご確認ください
料金:一般 / 4,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
小学生・中学生・高校生 / 3,500円(前売チケットぴあのみ/受付にて要学生証[身分証明証]提示/限定枚数)
日本初のHMDシート / 4,800円(前売チケットぴあ・イープラスのみ/限定枚数)
※未就学児童入場不可

■<PLAY×LIVE『1×0』>アンコール公演決定!
アンコール公演エピソード1&2:2014年1月31日(金)~2月11日(火・祝)
※cubit club 会員限定、チケット最速先行2013年11月20日(水)昼12時~11月27日(水)昼12時まで抽選受付します。
※チケット一般発売:2013年12月22日(日)

■TPD、初のTVレギュラー番組が地上波、BS、CS局にて10月よりスタート!
番組名:『東京号泣教室 ~ROAD TO 2020~』
出演者:東京パフォーマンスドール、古田新太
放送局一覧:http://tpd-web.com/news/index.html#ns06 
※放送局によって放送日時が異なります。各局HPでご確認ください。

■次回ニコ生は12/15 (日)20:00~放送

◆東京パフォーマンスドール オフィシャルサイト
◆TVレギュラー番組『東京号泣教室 ~ROAD TO 2020~』オフィシャルサイト
◆Kawaii girl Japan
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報