クイーン「思っていた以上にフレディ・マーキュリーのデモが見つかった」

twitterツイート

クイーンは、故フレディ・マーキュリーのヴォーカルが入ったデモを整理していて、思わぬサプライズがあったそうだ。予想していた以上に数があった上、質も良かったという。

ブライアン・メイは、UKの音楽誌『MOJO』にこう話した。「僕らが考えていた以上にあった。フレディのヴォーカルやデモを見つけたんだ」。そして、こんな作業を進めているそうだ。「未完成のフレディが何か歌っているアナログの24トラックを見つけたとしたら、まずそれをデジタルに変換する。最高の解像度でコピーを作るんだ。そして、自分達のタペストリーを織り始める」

これがアルバムに直結するかはまだわからないが、フレディの没後作られた『Made In Heaven』(1995年)と同じような作品が出来上がる可能性もあると話した。「アルバムを出すとは断言できないが、間違いなく数曲ある。いま、それらで新しい音楽を作っているところなんだ。『Made In Heaven』でやったのと同じことだよ。あれは多分、僕らが作った最高のアルバムだ」

クイーンは秋にフレディとマイケル・ジャクソンのデュエット曲をリリースするといわれていたが、遅れているようだ。未完成だったものにブライアン・メイとロジャー・テイラーのパートを加えることで曲は完成したが、マイケル・ジャクソン側から許可が降りるのを待っているところだと伝えられている。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報