LEAR、カスタムIEMの試聴機貸し出しサービスをスタート

ツイート

LEAR Japanが、LEARのカスタムIEMの試聴機貸し出しサービスを開始した。

◆試聴機画像

「購入したいものの、そのサウンドが分からないためなかなか踏ん切りが付かない」というのが、カスタムIEM購入の最もしんどいあるある現象。「試聴機」と「耳に完全フィットしたカスタムIEM」とではサウンドに違いが生まれるものの、試聴機でその音を確かめることができるのは非常にありがたい。試聴機で基本的なサウンドの傾向を知ることや、複数のモデルを比較することができるのは、購入へのハードルを一気に取っ払ってくれる嬉しい施策だ。

貸し出しを受けるのは簡単だ。オフィシャルサイトにて手続きをするだけでOK。身分証明書の提示で自らの素性を明らかにして、往復の送料負担をすれば、他には一切の費用は発生しない。一度に借りられるモデルは最大3モデルまでなので、BARKSで紹介した9モデルのレビュー記事をご参照に、是非とも自分の耳でそのサウンドを確認してみていただきたい。

安価ながらも素晴らしいバランスで音楽を楽しく聞かせてくれる1ドライバー・モデルから、3ドライバーの濃密なサウンドまで、LCM-5を除く全9モデルが視聴貸し出しサービスの対象だ。

・LCM-1F・LCM-1B・LCM-1C
・LCM-2F・LCM-2B・LCM-2C
・LCM-3F・LCM-3B・LCM-3C

以前のレビュー記事でも再三お伝えしているが、なにはともあれオススメは、フラットで心地よいLCM-1Fと、パンチ力のあるドンシャリモデルLCM-2Bの2モデルだ。その2モデル中心に、スペックやレビュー記事から興味のあるモデルを選び出せば、有意義な3モデルの試聴ができることだろう。

そして最後に、プチアドバイス。試聴機で感じ取ったそのニュアンスが、1段階グレードアップして耳に届く感覚が製品版のサウンドになることだろう。耳にぴったりと合ったカスタムIEMは、空気の漏れがないこととシェルがきっちりと外耳道に密着していることで、高域のスポイルも抑えられ低域がすべからく鼓膜へ届く感覚だ。

さあ、ぜひあなたもカスタムIEMだけが持つ、未曾有のサウンドパラダイスへようこそ。ということで、まずは試聴をお試しあれ。

◆LEAR Japanオフィシャルサイト
◆LEAR Japan試聴器貸し出しページ
◆【BARKS編集部レビュー】カスタムIEMブランドLEAR日本上陸、お薦めはズバリどれ?
◆カスタムIEM専門チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報