ザ・ビートルズの初代マネージャー:ブライアン・エプスタインを描く『ザ・フィフス・ビートル』で監督が決定

twitterツイート
ザ・ビートルズの初代マネージャーを務めたブライアン・エプスタインを主人公にしたグラフィックノベル『ザ・フィフス・ビートル』の映画化でペイトン・リードが監督に抜擢された。

◆ザ・ビートルズ画像

本作は、ブライアンの晩年の活躍を描いたニューヨーク・タイムズ紙の同名ベストセラー・グラフィックノベルを映画化するもので、起用されたペイトン・リード監督は、『チアーズ!』『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』などの映画でお馴染み監督だ。

グラフィックノベルの原作者で映画版の脚本も執筆したトニー賞受賞者のヴィヴェック・J.・ティワリーと、アカデミー賞受賞経験があるブルース・コーエンの2人がプロデュースを手掛けることになる。監督の人選が決定したことで2014年からの撮影開始を目指し、現在はキャスティングが行われている段階だ。

メガホンを取ることになったペイトンは「ヴィヴェックのグラフィックノベルを読んだ瞬間に、ブライアンの物語を僕が映画化したいって思ったんだ。僕は小さい頃からずっとビートルズのファンであることはもちろんだけど、ブライアンの信じられないような人生に僕は圧倒されて、だからこそこのプロジェクトに惹かれたんだ」「ビートルズの楽曲権利をちゃんと獲得しただけでなく、彼らを世界的な大スターに導いた裏方に徹したブライアンのこれまで語られなかったストーリーを物語るっていう点でも、映画版『ザ・フィフス・ビートル』はビートルズを基にした初の長編映画なんだ」と話している。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報