大貫妙子、40周年記念ライブに細野晴臣、鈴木茂の参加が決定

ツイート

2013年でアーティスト活動40年を迎えた大貫妙子が、2014年3月28日にアニバーサリーイヤーの最後を締めくくるコンサートを開催する。

近年のライブやレコーディングを支えてきたミュージシャン達が一堂に会し、そのキャリアを彩ってきた珠玉の名曲を歌うこのライブ。参加ミュージシャンは、小倉博和(g)、鈴木正人(b)、沼澤尚(ds)、フェビアン・レザ・パネ(pf)、林立夫(ds)、森俊之(key)の6名。

さらに公演ゲストとして、細野晴臣、鈴木茂も決定した。ソロデビューアルバム『グレイスカイズ』(1976年発表)を、ティン・パン・アレーと制作した大貫妙子の原点が蘇る。

また、12月18日にリリースされるトリビュート盤『大貫妙子トリビュート・アルバム -Tribute to Taeko Onuki-』のDisc2に収められる、過去さまざまなアーティストによってカバーされた楽曲も発表となった。

収録曲は、1978年のデビューアルバム『BEGINNING』に収録されている竹内まりや「突然の贈りもの」、貴重な初CD化音源となるラジ「風の道」など30年以上前の音源から、80年代に発表された矢野顕子「海と少年」、薬師丸ひろ子「色彩都市」のほか、土岐麻子「都会」、大橋トリオ「突然の贈り物」、青葉市子「3びきのくま」など2000年代以降の曲も網羅され、世代を超えたミュージシャンに愛され続ける楽曲の素晴らしさが伝わる内容となっている。

◆commmons
この記事をツイート

この記事の関連情報