【イベントレポート】平原綾香ら出演<NHK瀬戸内みらいコンサート>、美しく壮大な音色に包まれ満席で終了

ツイート

12月10日、今治市公会堂に平原綾香らを招いて<NHK瀬戸内みらいコンサート~愛媛公演~>が開催され、県内外から約900人が来場し満席の大成功で終了した。

◆「NHK瀬戸内みらいコンサート~愛媛公演~」 画像

<NHK瀬戸内みらいコンサート>は、NHKが中国・四国地方向けに放送しているシリーズ特集番組「海と生きる」の関連事業で、平原綾香のほか、香川県出身のバイオリニストの川井郁子、フルート奏者の山形由美、作曲家の加藤昌則、今治市出身の画家、MAYA MAXXらを迎え、“海”にまつわる歌や曲を中心としたコンサートとトークショーが繰り広げられた。

そのステージは、川井郁子が瀬戸内の原風景を思い描いて作曲した「水百景」に始まり、山形由美による「ヴェニスの謝肉祭」、平原綾香の「Shine 未来へかざす火のように」など10数曲が披露された。そして、コンサートのフィナーレは、特集番組「海と生きる」のイメージソング「僕らの青~瀬戸内の詩(うた)」で飾られた。

「僕らの青~瀬戸内の詩(うた)~」は、“瀬戸内”への思いをテーマに小中高生から募集した詩の中から選ばれた最優秀作品をもとにして誕生した作品だ。この日のコンサートでは、S.E.N.S.プロデュースの曲に平原綾香の歌、川井郁子のバイオリン、山形由美のフルート、さらに今治市富田小学校コーラス部の合唱が加わり、会場が美しく壮大な音色に包まれた。

その「僕らの青~瀬戸内の詩(うた)~」をコンサートで観覧した最優秀作品の作者・三好芽生さん(13才、愛媛県松山市在住)は、「自分の詩が歌になり、たくさんの人に聞いてもらえてうれしい。まだ信じられない気持ち」と感激の感想を語った。このコンサートの模様は、12月20日に四国地方向けにNHK-FMで放送予定となっている。

(C)NHK

<NHK瀬戸内みらいコンサート~愛媛公演~>
2013年12月20日(金) 午後6:00~6:50 NHK-FMにて放送予定(※四国地方向け)
※12月3日(火)開催「瀬戸内みらいコンサート~広島公演~」もBSプレミアムで放送予定
2013年12月23日(月) 午前11:30~午後0:45 BSプレミアムにて放送予定
出演:松本明子(司会)/勝木ゆかり(S.E.N.S.)、川井郁子、城みちる、二階堂和美、平原綾香、山形由美ほか


◆NHK「海と生きる」 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報