滴草由実、デビュー10周年にアートなオリジナルアルバム『A woman's heart』リリース

twitterツイート

2013年7月にデビュー10周年を迎えた滴草由実が、5枚目となるオリジナルフルアルバム『A woman's heart』を12月18日にリリースする。

◆『A woman’s heart』 拡大画像

前作から4年という長い歳月をかけて制作された『A woman's heart』は、滴草由実がほぼ全曲の作詞作曲とコーラスワークまでこなした意欲作だ。結果、独特の世界観を確立したサウンドは、一つの音楽ジャンルに捉えることの出来ないオリジナリティに溢れ、実験的だが決して聴き手を置き去りにしない絶妙な楽曲たちが軒を連ねている。

オープニングに収録された「I don't Love You」は2013年3月に音楽共有サービス「SoundCloud」でアーティスト名を伏せ公開したところ、複数の海外音楽マネージメント会社より作品への問い合わせが届いたという。さらに「Dreaming」をテストOAした際には、リリース前にも関わらずradio湘南にリクエストが多数寄せられるなど、そのクオリティの高さがうかがいしれるエピソードに溢れている。

日本情緒溢れる言葉と旋律が、パワフルなUSサウンドと融合した全13曲は、A.I、EXILEなどのサウンドを作り上げるD.O.Iがミックスを務め、RihannaやKaty Perry、Lady GaGa, Jay-zなどのUSメジャーアーティストを手がけるChris Gehringerがマスタリングを担当した。

『A woman's heart』というタイトルに象徴されるように、このアルバムは様々な立場にある女性の心情を描いたもの。女性特有の「強さ」「弱さ」「優しさ」「切なさ」に満ちて、誰しもが経験している日常や、心の奥底に秘める内面を落とし込んだ歌詞は多くの共感を集めるはずだ。また、インナーには滴草自身が描いたイラストを数多く使用、アートワークの面でも才能を開花させている。

以下に、ミックスを担当したD.O.I氏のコメントをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

「ヒップホップの質感を基調としつつ、様々なジャンルを絶妙に混ぜあわせた他には無いオリジナルな世界観で面白い作品。ボーカルも楽曲ごとに多彩なアプローチをしていて楽しめました」──D.O.I

   ◆   ◆   ◆

■アルバム『A woman's heart』
2013年12月18日発売
VNCM-9020 \3,150(税込)
01. I don't Love You
Words&Music by 滴草由実 Track by T-4
02. A woman's heart
Words&Music by 滴草由実 Track by Xtra Jam
03. Why?
Words&Music by 滴草由実 Track by T-4
04. Y.O.L.O
Words&Music by 滴草由実 Track by Xtra Jam
05. ~change~ interlude
Track by T-4
06. feel
Words&Music by 滴草由実 Track by T-4
07. The End
Words&Music by 滴草由実 Track by T-4
08. I don't cry
Words by 滴草由実 Music by 有木竜郎   Arrange by 有木竜郎
09. Dreaming
Words&Music by 滴草由実 Track by Xtra Jam
10. アルバム
Words&Music by 滴草由実 Track by Xtra Jam
11. Love Tactics
Words&Music by 滴草由実 Track by T-4
12. Move it
Words&Music by 滴草由実 Track by Xtra Jam
13. 約束
Words&Music by 滴草由実  Arrange by 藤崎昌弘


◆滴草由実 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報