【ライヴレポート】<華麗なる激情 Vol.7>、膨大な熱量渦巻く決戦となった【Osaka Side】

twitterツイート

DANGER CRUE主催イベント<J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 Vol.7>が12月15日(日)、OSAKA MUSEと原宿アストロホールにて行われた。気鋭のV系バンドがしのぎを削るこのライヴイベントの第七弾は【Osaka Side】および【Tokyo Side】というカタチで、東京と大阪の二会場同時開催となった。

◆<華麗なる激情 Vol.7>【Osaka Side】 拡大画像

同ライヴイベントには、11月に開催された<華麗なる激情>【Osaka HEAT】と【Tokyo HEAT】を勝ち抜いた8バンドが登場。【Osaka Side】はEVE、umbrella、Crimson Shiva、ジンの4組、【Tokyo Side】はシビレバシル、SRASH NOTES GARDEN、BADMAN、ぞんびの4組、これら計8バンドが、12月23日(月・祝)に新宿BLAZEにて開催される<華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->への出演権を賭けてバトルを繰り広げるステージとなる。最終章への出演権は、<華麗なる激情>オフィシャルサイトでの事前投票をはじめ、当日各会場に来場したオーディエンスによる現地投票や、ニコニコ生放送およびJAMBORiii STATIONの生中継を視聴者によるネット投票を合算したポイント獲得総数によって決定される。大阪、東京それぞれトップの1組のみが進出できるという文字通りのガチンコ投票バトルの開催だ。ここではその【Osaka Side】をレポートしたい。

大阪最終決戦となる【Osaka Side】は前述の4組に加え、ゲストアクトとしてカメレオが登場する。大阪代表1組決定の瞬間とカメレオのステージを観るために、会場となったOSAKA MUSEには多くのオーディエンスが駆けつけ、そのステージを今か今かと待ち望んでいた。
 
一番手での登場となったジンは、1曲目「憐想レイン」から和を感じるモダンなサウンドと甘いギターのリフで会場を揺らす。次曲「純情恋歌」は緩急のついたサウンドが心地よい。ヴォーカルRikuの「最後まで楽しもう!」の言葉に続いて披露されたのは、本イベントお馴染みのカヴァーだ。SIDの楽曲「夏恋」に彼ららしさを加えたサウンドで会場を躍らせる。その後、序盤は控えめだったオーディエンスを一気に前方へ駈け込ませるほどノリの良い楽曲で盛り上げ、ラスト「偽モラトリアム」ではRikuの「かかってこいや!」の一言が会場を煽りまくる。激情の限りを尽くすサウンドで魅了し、イベントの幕を見事に切り割いてくれた。

2番手に登場したCrimson Shivaは、重厚で華美なサウンドと確かな演奏力が魅力だ。1曲目「メフィスト」、破壊力あるサウンドが初めて観る者の眼も耳すらも一瞬で虜にする。「大阪、狂ってるか!」と叫んだヴォーカリスト鴾弥のステージングが楽曲により迫力を与えかのように猛々しい。3曲目にはMUCCのカヴァー「ニルヴァーナ」を披露した。これまでのバンドのイメージとはガラリと変わるベクトルの楽曲ながらも、オリジナルをより濃厚にしたサウンドに会場が湧いた。4曲目「Demon’s Garden」から、より激しさを増した楽曲でラストへ向け一気に畳みかけた彼らは、哀愁を含んだヘヴィな楽曲で全5曲を一気に駆け抜けていった。
 
イベント中盤の登場となったumbrellaは、様々な心情を音にするかのようなステージで魅せてくれた。1曲目は「微熱」。ヴォーカル&ギターの唯が優しく語りかけるように儚い想いを詞に託し、その世界観はじわじわと染みわたるように広がる。続く「五月雨」は切なく、ベーシスト春の弾く鼓動のようなリズムが身体を震わせる。「歌を大事に届けたい」という彼らの気持ちがオーディエンスを微動だにさせない。4曲目の「風見鶏」ではギタリスト柊の弾くメロディが気持ちのよい抜け感を感じさせ、そこに唯の歌声が合わさって美しいバンドサウンドが会場を一気に加速させた。MCを省いたソリッドなステージは、ムック「謡声」のカヴァーからラストへ。オリジナルの世界観に華を添える楽曲で聴く者の心を掴んだステージは、まさに独創的といえるものだった。

そして出演4組中、事前投票1位通過を果たしているEVEの登場に会場が湧いた。1曲目は「ラクリメ」だ。ポップでアッパーなサウンドや、ヴォーカリスト武翔の煽りが容赦なくオーディエンスを揺らす。カヴァー曲にはユナイトの「AIVIE」をチョイス。「一緒になって楽しもう」とメンバー全員が満開の笑顔を見せると会場が一体となって高く高く飛び跳ねる。休む暇もなく3曲目の「EGOIST」。華のある武翔のパフォーマンスと力強く厚みのあるバンドサウンドに会場は盛大なモッシュや逆ダイで応える。そしてラストは「Divergence」。これまで以上に激しく熱力の高いサウンドで、演奏された全5曲ではまだまだ物足りない!と思わせるほど高揚感のあるステージを披露してくれた。
 
いよいよこの日のゲストであるカメレオの登場だ。「脳細胞をぶっ潰すほど暴れろ~!」とヴォーカリストのHIKARU.が初っ端からフロアを煽り、「捏造ピエロ」でライヴがスタート。フロア中にリングライトが煌めき、パーティ気分が盛り上がる中、豪快なサウンドが鳴り響く。続く「↑アゲていこう歌↑」ではメンバー全員がマイクを持ち、アイドルさながらに歌い踊り、何でもありのラップを披露する。無条件に楽しくなるポップチューンにタイトルさながらテンションが高まるようだ。「ニート姫」「ダメ男」と、ファニーなリリックがクセになるアッパーチューンを連発。MCではカメレオサンタからのプレゼントや、ギタリストTakashiのショートコント、さらに「Takashiが他の出演者に先輩面していた!?」……なんて暴露話も飛び交った(笑)。中盤の「vs 劣等コンプレックス」ではベーシストのKouichiとドラマーのTakeshiによる豪快なリズムがオーディエンスを煽り、フロアはヘドバンの嵐に。6曲目はリリースされたばかりのシングルにして、先輩バンドであるSIDのカヴァー曲「妄想日記」をライヴ初披露。ジャジーかつ歌謡曲な雰囲気は大人の色気を見せ、バンドの多彩性を感じさせてくれた。その後は「ごめんなさいっ!」、「21世紀マン」と弾けまくりのサウンドで会場を大いに盛り上げ、興奮も絶頂のままに最後の「始まりの歌」へ。拳を高く掲げ、最後の最後までテンションをブチ上げたまま、全9曲を走り抜けていった。

イベントキャラクターの激子。が登場すると、投票結果の発表だ。【Osaka Side】のステージを勝ち抜き、12月23日の最終章に勝ち進むバンドは、計27072ポイントを獲得したEVE(umbrella:19765ポイント、ジン:14771ポイント、Crimson Shiva:10606ポイント)。大きな拍手でステージに迎えられる中、メンバーは感無量の表情でオーディエンスに感謝の言葉を伝え、最終章への熱い決意を固めた。

東京大阪同時バトルの結果、大阪からのEVE、東京からSRASH NOTES GARDENに加え、<華麗なる激情 Vol.6>を制したマイナス人生オーケストラが、<華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->に出演することが確定した。これら3組が12月23日、新宿BLAZEにて頂点を争うことになる。この最終章を制したバンドは、DANGER CRUE RECORDSからのCDリリースが確約されており、副賞として12月27日に日本武道館で行われる<Visual BANG!~SID 10th Anniversary FINAL PARTY~>オープニングアクトとしての出演も約束されている。

なお、<華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち-」には上記3組に加え、ギルガメッシュ、ユナイト、カメレオ、DIVの出演が決定。DCR ALL STARSによるスペシャルセッションも行なわれることとなっている。


■<J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->
12月23日(月・祝) 新宿BLAZE開場14:00 開演15:00
出演:マイナス人生オーケストラ(Vol.6勝者バンド) / SRASH NOTES GARDEN (【Tokyo Side】勝者バンド)/ EVE(【Osaka Side】勝者バンド)、ゲスト:ギルガメッシュ / ユナイト / カメレオ / DIV / DANGER CRUE ALLSTARS
オールスタンディング 前売¥4,000-(税込) 当日¥4,500-(税込) 
※ご入場時ドリンク代別途¥500
前売券¥4,000(税込・ドリンク代別)当日券¥4,500(税込・ドリンク代別)
SOGO TOKYO オンラインチケット http://bit.ly/1aHVcUR
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:209-100)http://bit.ly/1djlEZn
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:71122)http://bit.ly/HpPaP4
イープラス http://bit.ly/1dkhCwG
CNプレイガイド 0570-08-9999


◆華麗なる激情 スペシャルページ
◆華麗なる激情 オフィシャルサイト
◆華麗なる激情 オフィシャルFacebook
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報