【インタビュー】Loe、EP三部作のド真ん中「Lという名の衝動」発表「3枚通して1枚のフルアルバムだとしたら、中盤のダウンする部分」

twitterツイート

■投げたがりのくせにこだわりはあるんで……面倒臭いでしょうね(笑)
■だから、他のメンバーではLoeの音楽はできないと思います

──ピアノ・ロックを前面に打ち出しているLoeですけど、今回の4曲はサウンド面ではわりとギター・ロック的なテイストが強いですよね。で、ピアノは象徴的なフレーズを弾く、という感じで。

山口:ああ、そうですね。オクターブでフレーズを弾くのは好きなんですよね、表現が強くて。でも、言われてみればギター・イントロばっかりですね(笑)。まあ、暗くしたかったっていうのはあるんですけど。

──面白いですよね。“ピアノ・ロックとギター・サウンドのせめぎ合う音楽”を目指している山口さんは、ギターでもピアノでもなくドラマーであって、肝心のピアノとギターの混ざり方に関しては大浦(史記/Piano・Cho)さんと安井(剛志/G)さんに委ねていくっていう構図は。

山口:でも、各自すごく意識共有ができていて。僕が思っているものをちゃんと作ってきてくれるんですよね。やりやすいですね、そこは。アレンジャーがオクターブで弾いてる単音のフレーズを基に、2人とも自分の感性を入れて変えてきますし。何なら“みんなでアレンジした”っていう感じでもいいと思うぐらい、メンバーみんなやってくれてますね。しかも、みんな“楽曲をどうするか”っていう観点でやってくれるんですよ。“自己表現”ではなくて。どうしたら曲がよく聴こえるか、っていう。大事にしているものが共有できてるなっていうのをすごく感じます。でも、アレンジの軸の部分を……0から1の雰囲気の部分を作ってくれているのは、アレンジャーの麻井(寛史)さんですね。助かってます。

──山口さんが詞曲を書いて、麻井さんが軸を作って、そこに大浦さんと安井さんが絡んでいくわけですね。

山口:そうですね。でも、レコーディングとかでも、フレーズどうこうよりも、僕がいちばんとやかく言うのはリズムですね、ドラマーなんで。好きなんですよ、バンドの出すリズム感が。ひとりモタってたら、楽曲全体が嫌な雰囲気になっていくし。自分の歌もそうなんですよ。ラップぐらい早口で歌ってる部分もたくさんあるので、何回か録り直したりしたんですよ。そのテイクが増えていくと、エンジニアさんとのやりとりもしんどくなるじゃないですか。まあ、仲良い人なんでいいんですけど、気を遣うのも面倒臭いので(笑)。結構家で録ったりしてるんですよ。自分の納得いくリズムが出るまで歌い込んでますね。サビとかはパッと歌ったテイクを使ったりしてるんですけど、最後の曲は結構何回も録り直したかもしれないですね。

──山口さんはソングライターでありドラマーでもあるわけで、楽曲と歌とビートを司っていて。で、大浦さんはピアノで、安井さんはギターで、山口さんの設けたハードルを超えていく……という関係性は面白いですよね。

山口:そうですね。でも、2枚作ってくると、意識共有ができてきますよね。1枚目より2枚目のほうがスムーズだったし。3枚目はこれから録るんですけど、たぶんもっと作業は早いんでしょうね。3枚目はいい曲揃ってますね。いいと思います。

──3作目は「明るいものになる」とおっしゃってましたけど。「明るい」と言っても、“今夜は踊り明かそうぜ!”みたいな曲にはならないでしょうね。

山口:そうですね(笑)。LoeはLoeなんで。アレンジャーもわかってくれているので。アレンジをお願いする時の注文は「Loeっぽくしてくださいね」って付け加えてるんですけど。

──それで応えてくれるのはすごいですね(笑)。そこで上がってきたアレンジに、山口さんがいちばん“Loeっぽさ”を感じるポイントって何だと思います?

山口:何なんでしょうね? Loeっぽさ……たまに思うのが、“ギターの音の積み方がLoeっぽい”っていうのはありますね。9thとルートの音が常に鳴ってる気がします。

──ああ、ド・ミ・ソで言うとレ(9th)とド(ルート)とか、単純なド・ミ・ソじゃないコードが鳴ってる感じですよね。

山口:はい。ピアノでも曲を作るんですけど、右手は同じポジションにあって、ベース音がどんどん変わっていくっていうのがいちばん作りやすくて、いちばん自分のバンドっぽい音が出てる気がするんですよね。

──ド・レ・ソみたいな、メジャー・コードとマイナー・コードの境界線上みたいな感じの音使いですよね。

山口:ああ、結構当たってるのは多いと思います。でも、具体的には言葉にするのが難しいんですよね。鍵盤のRECの時も、「それじゃない! それじゃない……けど、何かはわからない!」っていう注文をよくするんですよ(笑)。彼(大浦)もよくわかってくれてるので「それならこうでしょ?」みたいな感じで。

──明らかに山口さん発信の音楽ではあるけど、山口さんだけではできない音楽ですよね。

山口:そうなんですよね。前はセミアレンジぐらいのところまで自分で作り込んでたこともあったんですけど、それだと面白くない気がしてきて。最近は曲作りも、アコギ2本録りだけで、ドラムとかも入れずに作ってますね。これだけ信頼してる人がいっぱいいるから、どんどん投げてしまったほうが、僕の中だけじゃない、いろんな要素が詰まってくるよなと思って。歌詞を太郎くんがやってくれてるのもそうだし。僕、投げたがりのくせに、こだわりはあるんで……面倒臭いでしょうね(笑)。だから、他のメンバーではLoeの音楽はできないと思います。

取材・文◎高橋智樹



■EP『Lという名の衝動』
2013年12月18日発売
DCR-003 ¥1500(tax in)
1.Lという名の衝動
2.Brand New Way
3.What really bring me down ?
4.東の空が見る夢に僕等は何が出来るだろう

◆Loe オフィシャルサイト

◆インタビュー(2)へ戻る
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon