クイーン、アダム・ランバートを迎えて2014年にも再結成したい

twitterツイート

クイーンが、アダム・ランバートを迎えて2014年にも再結成したいと明かした。

ここ数年に渡ってツアーにアダムを起用してきたクイーンだが、ドラマーのロジャー・テイラーは2014年のツアーにも再びアダムを迎える可能性が高いと話した。「前にやった時は1回きりのライブだったけど、大成功だったんだ。アダムは最高だよ。今じゃクイーンに欠かせない存在になりつつあるよ。彼はパフォーマンスってものを知ってるね。アダムは俺たちの曲をよく理解して、その上で彼なりの表現ができるのさ。何よりも彼はあの声という素晴らしい楽器を持ち合わせているからね。きっとこれからはポップ路線を抜け出せるはずさ。それがいいと思うよ。本物のミュージシャンになるよ。アダムの声は無敵だね。たぶん2014年もアダムと一緒にやると思うよ」

さらに今回、ロジャーとブライアン・メイは、過去の未発表曲を収めたアルバムが近い将来リリースされることも明かした。ロジャーは「デモじゃないんだ。昔にレコーディングしたちゃんとした作品なんだ。実はそのほとんどのことはすっかり忘れていたんだよ。毎日新しい曲をやってると、仕上げの段階までいかなかった曲のことなんて忘れてしまうものなんだよ」と話した。

ロジャーは以前、クイーンが「フレディ(・マーキュリー)がマイケル・ジャクソンとコラボレーションした何曲か」を手掛けているとも明かしていた。


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報