エイドリアン・ヴァンデンバーグ、17年振りに復活しヴァンデンバーグズ・ムーンキングス結成

twitterツイート

ホワイトスネイクやヴァンデンバーグで名プレイを重ねてきたエイドリアン・ヴァンデンバーグが、新たなるバンドを始動させた。その名も、ヴァンデンバーグズ・ムーンキングスだ。

◆ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス・ティーザー映像

エイドリアン・ヴァンデンバーグが本格的にハード・ロック・アルバムを制作するのは、1997年発表のホワイトスネイクの『レストレス・ハート』以来、実に17年振りだ。他のメンバーは、ヤン・ホーフィング(ボーカル)、セム・クリストフェル(ベース・ギター)、マルト・ナイエン・エス(ドラムス)というオランダの若手実力派ミュージシャンたちを引き連れての活動となる。そしてアルバムではホワイトスネイク時代からの盟友であるデイヴィッド・カヴァデールがゲスト参加している。アルバム本編を締めくくる「セイリング・シップス」という曲で、デイヴィッドがメイン・ヴォーカルをとっているのである。

「俺の復活を持ってくれていた多くのファンからの熱烈なリアクションに、圧倒されている。応援し続けてくれていたファンの皆の忠実さには驚かされるよ。折しもこのデビュー・アルバムは、俺がこれまで作ってきた作品の中でも最高のものだ。控えめに言ってもね(笑)。人々は、ベタなクラシック・ロックを期待するだろうけど、半ば自動的にその道へ進みたくなかった。1970年代の素晴らしきロックと今日のロックとの架け橋を作りたかったんだけど、とても上手くいったと思うよ」──エイドリアン・ヴァンデンバーグ

エイドリアンは、10数年間にわたりホワイトスネイクでプレイし、アメリカのチャートも席巻していたが、ホワイトスネイクが活動を休止した際、彼は芸術家として本格的に活動を始めた。彼の絵画や作品は、いくつかの主要なヨーロッパのギャラリーに展示され、たくさんの注目を集めた。こういった活動は長い準備期間を必要とし、結果エイドリアンはあらゆる音楽的活動をストップさせた。

「ここ14年間ほどは、結果的に単に閉じこもっていただけだったと言わなければならない。本当はもっと早くプレイし始めたかったんだ。でも、実際には時間はあっという間に過ぎていった。振り返ってみると、完全に自然な形で事はすべて運んでいき、無意識のうちに今がアクションを起こすに最適な時間であると直観したんだと思う」

芸術家でもあるエイドリアン自身がアートワークを手掛けたデビュー・アルバム『ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス』は、2月19日に世界に先駆け日本でリリースされる。


ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス『ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス/VANDENBERG’S MOONKINGS』
2014年2月19日発売
VICP-65209 2,500円+税
※デジパック仕様(予定)/日本盤ボーナス・トラック1曲収録

◆ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス・オフィシャルサイト
◆VICTOR ROCKSオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス