ジョージ・ハリソン、勲章を辞退していた

ツイート
ジョージ・ハリソンが1999年、大英帝国勲章の授与を辞退していたことが明らかになった。『Mail On Sunday』紙が入手した文書によると、ハリソンには翌年の式典で英女王からOBE(Officer of the Order of the British Empire/大英勲章第4位)を授かる機会が訪れていたという。

◆ジョージ・ハリソン画像

ジョージ・ハリソンはザ・ビートルズの一員として1965年にMBE(Member of the Order of the British Empire/大英勲章第5位)を受勲。バンド・メイトのポール・マッカートニーはその後、ナイト爵位を授かっている。同紙は、ジョージ・ハリソンはそれに比べOBEは「侮辱だ」と感じたのではないかと辞退した理由を推測している。

ザ・ビートルズを知るジャーナリスト、レイ・コナリーはこう話している。「彼にナイト爵位ではなくOBEを授与すると決めたのが誰であれ、それは非常に無神経だ。ジョージは侮辱されたと感じたことだろう…、正当な理由があって」

ザ・ビートルズと大英帝国勲章の関係は、ポールが1997年にナイト爵位を授かった以外、ほかのメンバーはMBE受勲に留まっている。ジョン・レノンはそれを1969年、「英国のナイジェリアービアフラ(戦争)への関与、ベトナムでのアメリカへの支援、“Cold Turkey”がチャートを転落したことに抗議する」との手紙をつけ返却している。

Ako Suzuki, London

この記事をツイート

この記事の関連情報