【ライブレポート】<華麗なる激情 最終章>、SID武道館イベントのオープニングアクト決定「本当に頑張ってきます」

twitterツイート

DANGER CRUE主催イベント<J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->が12月23日(月・祝)、新宿BLAZEにて開催された。気鋭の若手ヴィジュアル系バンドによる熱いバトルやスピンオフ企画など、様々な話題を巻き起こしてきたこのライヴイベントも、今回で最終章を迎える。多くのドラマを生み出した同イベントの有終の美を見届けるべく、会場には多くのオーディエンスが集まった。

◆<J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち-> 拡大画像

イベントライヴは名物企画「ガチンコ投票バトル」から幕を開けた。2013年7月に開催された“Vol.6”の優勝バンド・マイナス人生オーケストラ、先日行なわれた東西同時開催“Vol.7”【Tokyo Side】勝者のSRASH NOTES GARDEN、【Osaka Side】勝者のEVEといった3組によって、真の王者を決めるべく繰り広げられる最終決戦だ。このステージの模様はウェブ動画チャンネルJAMBORiii STATIONによる撮って出し配信で、会場のファンのみならず多くのユーザーがその熱い戦いを見守るなか行われる。

トップバッターは、SRASH NOTES GARDENだ。ヴィジュアル系には珍しいギター&ヴォーカルの3ピーススタイルを持つ彼らは、イベントの恒例企画であるカヴァー楽曲として、L'Arc~en~Cielの「HONEY」からライヴをスタート。「Re:」ではラップを交えるなど、自由な発想を持ったパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

2番手に登場したのはEVE。「ラクリメ」ではジャンプ、「FAKE MOON」ではモッシュと会場を一体にするパワフルなステージを展開し、カヴァーはユナイトの「ミドルノート」を披露した。オーディエンスをしっかりと盛り上げつつも、真剣勝負の舞台を心の底から楽しむ笑顔溢れたステージとなった。
 
3組目のマイナス人生オーケストラは、1曲目にMUCCのカヴァーで「君に幸あれ」をプレイ。また、曲のラストにMUCCの「大嫌い」やSIDの「循環」を取り入れる場面も。「ネットで叩いてャル!」ではステージから降りてフロアを練り歩くなど、破天荒なパフォーマンスと、爆発力の高い演奏で鮮烈なインパクトを残した。

3バンドの観客投票が行なわれる中、DANGER CRUE所属バンドによるステージがスタート。まずは、黒を基調とした新衣装に身を包んだDIVがステージに姿を現わした。“Vol.2”への出演でバンドを始動させて以来、<華麗なる激情>出演皆勤賞である彼らはカヴァーシングル「妄想日記」や今回ステージ初披露となったカップリング曲「JUSTICE」など、いつにも増してハードな楽曲を連発。共に成長を遂げたイベントのラストを華々しく彩った。

次に登場したカメレオは、<華麗なる激情>をもじってカレーやカレー味のラーメンを食べたり、魚のカレイのパネルを持ってステージに姿を現した。オーディエンスをいじり倒したり、楽器を演奏せずに5人がマイクを取る「↑アゲていこう歌↑」など、ロックバンドながら、変幻自在なパフォーマンスを展開。ラストの「ダメ男」では、オーディエンスが扇子を振り回し、なんでもありの狂乱の宴を繰り広げた。

イベントもまもなく終盤戦となったところで、「ガチンコ投票バトル」の集計が終了した。<華麗なる激情>のマスコットキャラクターである激子。の結果発表に場内の注目が集まる。会場のオーディエンスによる投票の結果、SRASH NOTES GARDEN:7900ポイント、EVE:14900ポイント、マイナス人生オーケストラ:14100ポイントで、EVEが見事王座に輝いた。最終決戦を制したEVEは、DANGER CRUE RECORDSからのCDリリースを確約。また副賞として、12月27日(金)に日本武道館で開催される<Visual BANG! ~SID 10th Anniversary FINAL PARTY~>のオープニング・アクトとして出演することが決定した。再びステージに呼び込まれたメンバー達は、「本当に頑張ってきますんで応援よろしくお願いします!」と、武道館へ向けて熱い意気込みを語った。

勝者発表の興奮も冷めやらぬ中、ステージにはユナイトが登場。3月に品川ステラボールで開催される結成3周年ワンマンへ向けて様々な企画を展開している彼らは、コール&レスポンスから突入した「small world order」や、ヘッドバンギングを巻き起こした「Love_Duck_Core_Nothing」など、今まさに3周年へ目がけて力走している5人の勢いをそのまま切り取ったようなアグレッシブなパフォーマンスで一気に駆け抜けていった。

DANGER CRUE所属バンドによるステージのトリを務めたのはギルガメッシュだ。登場するなり鉄板チューン「evolution」を投下、凄まじい勢いでステージを疾走していく。圧倒的重撃力を誇る最新アルバム『MONSTER』収録曲を中心に、2014年結成10周年を迎えるライヴバンドとしての貫禄を見せつけた。また、「人間は“衣・食・住”があれば音楽なんかなくても生きていけるって言われてるけど、俺達バンドマンは“音楽”がなければ生きていけません! だから今日もこれからも、命をかけて、命を削って、全力で音楽を伝えて行きたいと思います!」というヴォーカリスト左迅の熱いメッセージに、多くのオーディエンスが胸を打ち震わせたはずだ。

<J-ROCK EXPLOSION 2013 華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->のラストはDCR ALL STARSによるスペシャルセッションだ。ギルガメッシュを中心に、ユナイトのヴォーカル結、カメレオのヴォーカルHIKARU.、DIVのヴォーカルCHISAが集結した夢のコラボレーションは、ギルガメッシュの「Break Down」をプレイ。各バンドのヴォーカリストがステージ上を縦横無尽に駆け回る圧巻のパフォーマンスで、この日一番の熱狂を巻き起こして約5時間半におよぶイベントを締め括った。

大盛況の内に幕を降ろした「華麗なる激情」だが、この日のエンディングではDANGER CRUEが2014年春に新イベントシリーズ<J ROCK EXPLOSION 2014 BATTLE OF THE BRAVE>の開催を発表した。この企画は、EVEが優勝を果たし、西高東低の結果となった<華麗なる激情>をさらに進化させたもの。大阪を中心とする「DEAD WEST」、それを迎え撃つ東京を中心とした「DEAD EAST」が熱い戦いを繰り広げる絨毯爆撃のようなライヴイベントになる予定だ。

また、<BATTLE OF THE BRAVE>は“新たにシーンの中核に飛び出そうとする新人バンドのライヴプレゼンテーション”であり、“混沌としたロックシーンに、新たに提案するバンドたちを集めたコンピレーションアルバムをレーベルが紹介”するというテーマを持ち、ライヴとCDが併走する年間企画として行なわれる。なお、同イベント出演希望バンドの募集詳細は後日発表とのことだ。


■<華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち->@新宿BLAZEの写真を期間限定販売
・「DANGER CRUE PHOTO SHOP」は、高クオリティ紙焼き写真を1枚からお好きなサイズでお買い求め頂けるPC、スマホ対応のオンラインショップです。
・12月23日(月・祝)新宿BLAZEで開催された華麗なる激情 最終章 -新たなる旅立ち-のLIVE写真を12月24日(火)18:00(予定)から販売開始。2014年1月7日(火)18:00までの期間限定です。お買い逃しなく。
・サイズは選べる4種類、サインプリントも可能です。
Lサイズ6枚セット販売:89mm×127mm ¥2,400(税込) ※Lサイズは6枚セットのみの販売、サインプリントは選べません。
2L判紙焼き:127×178mm ¥980(税込)
A4判紙焼き:210×297mm ¥1,980(税込)
A3変形判紙焼き:305×420mm ¥3,800(税込)
 販売期間:2013年12月24日(火)18:00~2014年1月7日(火)18:00
DANGER CRUE PHOTO SHOP(PC・スマホ対応) http://dangercrue.theshop.jp


◆華麗なる激情 スペシャルページ
◆華麗なる激情 オフィシャルサイト
◆華麗なる激情 オフィシャルFacebook
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報