【連載】山岸賢介(ウラニーノ)[vol.7]「ツアーメン~バイトのシフトに入れない~」

twitterツイート

連載開始直後は月一ペースで更新していたものの、非常にわかりやすくペースダウン。絵に描いたようなフェードアウトグラフを描いている当コラムですが、よりによってBARKSスタッフさんも忙しいであろう年末のこの時期に、嫌がらせのごとく送りつけてみようと思います。BARKSさん、お世話になってます!

さて、飲み会のバックレ方や、運転中に眠かったら○○ればいい!とか、読者の皆さんが使えそうで使えないネタばかり書いてまいりましたが、ぼちぼち本当に役立つ情報を提供したい!ananのSEX特集ばりに女性の共感も得たい!皆さんの心象をよくして来年以降もこのコラムを存続したい!そこで今回のテーマはこちら!

「バンドマン直伝!高速道路のグルメガイド!」

いろんな地方へ行ってご当地のおいしいものを食べてそうなイメージを持たれるバンドマンですが、実際は高速道路上のサービスエリアでの食事がメイン。それが現実。だからこそ、我々はこの一食に確実に勝ちに行くのであります。長い移動中の束の間の休息。そんな貴重なオアシスで、食後に後悔するような「負け飯」をチョイスしてしまうことは、まさに屈辱であります!絶対に負けられない戦いが、そこにはある!

10年間高速道路を走り続け、数々の「勝ち飯」を勝ち取り、またそれ以上の「負け飯」に涙を飲んできた我々が、年末年始に車で旅をする皆さんに送る勝つための指南書!

●SAとPAの違いって?
まず基本情報を押さえておきましょう。高速道路上には大きく分けてSA(サービスエリア)とPA(パーキングエリア)の2種類があります。明確な区別は難しいのですが、ざっくり言うとでかいのがSA、小さいのがPA。例外はありますが、基本的にSAにはガソリンスタンドがあって、施設も充実。売店やお土産屋さんもたくさんあって、最近はスタバとか入っちゃってんの!そんなSAは約50kmおきにあります。それに対してPAはだいたい15kmおき。自動販売機とトイレしかないような小さいところもあります。

食事に関して言えば、SAにはちゃんとしたレストラン(予算1,000円超え)とフードコート(500円~800円前後)が両方ある場合が多く、PAだと後者のフードコートがメイン。言うまでもなく、我々ツアーメンはレストランの方には見向きもせず、フードコートの食券販売器に直行するわけです。

●本当に勝ちたければPAへ行け!
さて、上記のような違いもあり、基本的にSAは家族連れやカップルで賑わっております。ツアーの疲れやその他いろいろが溜まっている時、カップルがイチャイチャと楽しそうにお土産を選んでいる姿を見ると、問答無用でぶっ飛ばしたくなります。休日のお昼時には食券を買うのにも長蛇の列。そんなわけで結論から言うと、我々はSAには行きません!妙な意地かプライドか、例えば東名高速の最初の関所、誰もが立ち寄る海老名SAには絶対に行かない!と決めています。どうしてもうんこしたいやつがいる時以外はスルー!プロはPAへ行く!観光客が素通りをする小さなPAにこそ、隠れた「勝ち飯」が待っているのです。

●トラック野郎は知っている!
高速道路のプロ中のプロ、ツアーバンドも頭が上がらない存在といえば、長距離トラックの運転手。トラックの運ちゃんもまた、食事時のSAにはあんまりいない!そんなトラック先輩の動向にはヒントが隠されています。食事時に妙にトラックが停っているPAは疑ってください。隠れた名店、ガチメニューがある可能性があります。ただ運ちゃんの場合、メシじゃくて全員ガン寝してるだけの場合もあります。

●PAはここがいい!
SAに比べてPAのフードコートは、従業員におばちゃんが多いのも特徴。バイトの若い子が回しているチェーン店というよりは、町の定食屋の雰囲気。ごはん大盛り無料もPAの方が圧倒的に多く、なんなら若いってだけで頼んでもないのに勝手に大盛りにされます。値段のわりにガッツリメニューも多く、トラックの運ちゃんの味方なんでしょうね。食後に「気をつけていってらっしゃい!」と母ちゃんみたいに声をかけてくれることも。なんとなく温もりがあるのがPAの魅力!

しかしどこへ行っても強烈なおばちゃんはいるもんで、山菜そばを食べたいと思っていたのに、「お兄ちゃん大学生?若いんだから肉だろ!肉!」と、強引にメニューを生姜焼き定食に変えられたことがありました。食べたいメニューが食べられなかったという、珍しいパターンの「負け飯」。

●迷ったらカレー
さあ、いよいよ食券販売器の前に立ったものの、メニューに迷ってしまったあなた。わかります。そんなあなたに究極のアドバイス。ずばり、迷ったらカレーにしてください。勝ちも負けもないです。カレーはカレー。SAだろうがPAだろうが、西へ行こうが東へ行こうが、どこで食ってもカレーはカレーです。迷いがあったあなたも一口食べたら思うでしょう。「…うん、ふっつーのカレーだ」。釈然としない思いも力づくでねじ伏せられ、食べ終わったら不思議と納得しているあの感じ。カレーってすごい。

たかがメシ、されどメシ。食べ物の恨みは恐ろしいと申しますが、負け飯はけっこう引きずります。マジでツアーの士気の低下にまでつながります。これから旅をされる皆さんが、見事「勝ち飯」を勝ち取ることを心より祈っております。

最後にひとつ。絶対に寄るものかと頑なに拒んでいた海老名SAに先日寄りました。超、楽しかったです。嗚呼、すみません。皆さんもよい旅を。そしてよいお年をー!!

さんざんいろんな場所に行っているのに、どうしてこの写真しかないんだろう…。北陸自動車道越中境PAにて。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon