JiLL-Decoy association、レコ大表彰式で「優秀アルバム賞」受賞に感激

twitterツイート

第55回日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞したJiLL-Decoy association(通称:ジルデコ)が12月20日にその表彰式に出席し、表彰楯を授与され感激をあらたにした。

◆JiLL-Decoy association画像、「パパのベイビー」PV映像

ジルデコは、元々ジャズ・ミュージシャンだったメンバーがあえてポップス・シーンで挑戦するために組んだバンドで、音楽と真摯に向き合い地道に活動を続けてきた。2012年、結成10周年を迎えた彼らにとって、今回授与された「優秀アルバム賞」の楯は一つの節目のシンボルであり、その挑戦に間違いがなかったことを証明しているようだった。

そして、彼らはその卓越したアレンジや演奏力などから、これまでミュージシャンズ・ミュージシャンとしての評価が先行していた。しかし、「優秀アルバム賞」受賞作『ジルデコ5』は、ボーカルchihiRoが実際に友達のシングルマザーを応援したくて書いた「シングルマザー A GO GO!!」や、亡くした従兄が残した小さな子供を思って書いた「パパのベイビー」など身近な人を応援したいという素直な想いから生まれた曲が多く収録されており、それが結果として、多くの人々に聴いて欲しい良作として「優秀アルバム賞」受賞へ導かれたのかもしれない。

「ライブを中心に活動してきた私達には手が届きそうにもなかった賞を頂き、とても励みになりました。メンバー3人だけでは成し遂げられなかったことに、あらためて、ファンの皆さん、スタッフ、友人、家族に感謝の気持ちでいっぱいです!」――chihiRo

表彰式後chihiRoがそう語ったジルデコの作品をぜひ聴いていただきたいのはもちろんだが、chihiRoのコメントにもあるように、彼らの活動の中心はライブであり、一番の魅力はその生の歌声と素晴らしいステージングだ。2013年は74本ものライブを行なって『ジルデコ5』の曲を日本各地に届けてきた彼らは、2014年3月23日(日)にはBillboard Live TOKYOでフルバンドのワンマン・ライブも決定している。作品を聴いて興味が深まった方は、ぜひ足を運んでみて欲しい。


<ジルデコ・ラウンジ at Billboard Live TOKYO 2014>
2014年3月23日(日)@ビルボードライブ東京
※入れ替え制
1st ステージ 開場15:30 / 開演16:30
2nd ステージ 開場18:35 / 開演19:30
チケット
サービスエリア \6,800、カジュアルエリア \4,800(カジュアルエリアのみ1ドリンク付)
ビルボードライブ会員:2014年1月16日(木) / 一般:1月23日(木)予約受付開始※チケット予約 / 問い合わせ:Billboard Live TOKYO 03-3405-1133
出演
JiLL-Decoy association(フルバンド・ライブ)
Support Musician:岩川峰人(b)、石田 衛(p)、中江裕気(ts)、赤塚謙一(tp)



◆JiLL-Decoy association オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon