日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』新エンディングテーマは、ポカスカジャンの新曲「ぐるぐる night」

ツイート

アイス「ガリガリ君」のCMソングを制作したことでも知られるコミックバンド・ポカスカジャン。彼らの新曲「ぐるぐる night」が、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の2014年1月から3月にかけてのエンディングテーマに決定した。

新曲「ぐるぐる night」は、80年代のシティポップ調にのせ、数々のCMソングに携わった経験があるからこその耳に残るフレーズや、冬から春にかけた季節感のある歌詞も聴きどころになっている。

「愛してやまないポカスカジャンさんと、コラボ……夢にまで見た世紀の一瞬です! そして、我が『ぐるぐるナインティナイン』は、お笑い番組です。音楽と笑い、どちらも“リズム”が大切です。その両方を兼ね備えた、ポカスカさんは、この世の救世主です。春が、もうすぐ……芽吹きこそ、エネルギーです。キラキラした感性に包まれた、冗談音楽……! 冬から春へ……。日本の宝な極上バンドと、洒脱な関西芸人ナイナイの、緩やかなお和みソングの完成です。番組ラストでは、一部しか皆様へお届け出来ませんが、その全貌は、リリースを待たれよ! 心して聞かれたし!」── 『ぐるぐるナインティナイン』プロデューサー

「さむ~い冬の後には、ぽっかぽかの春がくる。卒業でお別れした後には、新しい出会いがある。悲しみの先には、楽しみが待っている。「ぐるぐる night」でみんなにワクワクしてほしい。そんな想いでこの歌を作りました。」── 大久保ノブオ(ポカスカジャン)

なお同曲は、1月2日(木)の『ぐるナイ新メンバーお披露目Wゴチお年玉で運だめし新年おめでとう5時間SP』のエンディングからオンエアスタート。ファンとしては、今後発表されるであろうCDリリースの情報にも期待して待ちたいところだ。

この記事をツイート

この記事の関連情報