【インタビュー】ボヤケルズ、鹿児島代表ロックバンド・薩摩ブランドアーティストの音ルーツをじっくり聞いてみた 前編

ツイート

真っ直ぐさとどこか懐かしいフォークテイストを併せ持つロックサウンドで鹿児島から全国へ飛び出したボヤケルズ。9月11日にリリースした1stフルアルバム『上京48日目』をひっさげ現在全国ツアー中の彼らに、その成り立ちから音楽性まで前後編に分けてじっくりと聞いてみた。まずは前編から。

◆ボヤケルズ 画像

■とにかく、自分たちがやってて楽しいことをやろう
■っていうのが、バンドコンセプト

──ボヤケルズには、【鹿児島代表ロックバンド・薩摩ブランドアーティスト】という、随分と鹿児島推しなキャッチフレーズが付いているので、そのあたりも含め、バンドの結成の経緯からお話を聞かせてもらってもいいですか?

若松剛:はい。よろしくお願いします。僕たちはですね、全員が鹿児島出身なんですけど、そんな地元鹿児島で、それぞれが別々のバンドをやっていたんです。なので、同じバンドではなかったんですが、みんなちょこちょこ顔を合わせる面子でもあって、打ち上げとかで一緒になって、夜な夜な吞んでるみたいな、吞み仲間的な関係だったんです。っていうか、これ、どのあたりまで詳しく話したらいいですかね? 細かく話そうと思えば、めちゃめちゃ細かく話せるんですけど(笑)。

──あははは。じゃぁ、めちゃめちゃ詳しくじゃなく、そこそこ詳しくくらいにしとこうかな(笑)。幼馴染みとかっていうことではないんだね?

若松剛:はい。幼馴染みではないんです。僕とベースの史郎(渡口史郎)くんは、大学で同じ音楽サークルに入っていた先輩後輩の関係だったんです。それで、仲も良かったので、愉快な仲間たちで一緒にバンドやろうか! って話しになり、一夜限りのバンドを結成したんです。

渡口史郎:そのときのメンバーは、ボヤケルズの中では、若松と僕しかいなくて、あとはまったく別のメンバーだったんです。

若松剛:短い期間ではあったんですけど、どうせやるならオリジナル曲をやろう! ってことになり、オリジナル曲を作って楽しくやってたんです。最初は遊びでやってたんで、そこまで続けようと思ってなかったんですけど、いろんな所から“こっちのライブにも出てよ”って言われるようになって、じゃぁ、せっかくだし続けようかってことになり、しばらくやってたんです。そしたら、ギターの奴が仕事が忙しくなったから、別のギターの奴を代打で連れてくるから、ちょっとの間、そいつとやってくれないかな? って、立元(立元芳明)を連れて来たんです。

立元芳明:もともと、若松たちとやってたギターの奴と、別で一緒にバンドやってたんです。それで、ある日突然、“このバンド手伝って”って言われて、紹介されたのが、ボヤケルズだったんです。

若松剛:そう。それで、一緒に初めてスタジオに入ったときに、ギターがすごく良くて、もぉ気に入ってしまいまして。代打ではなく、正式メンバーとして一緒にやりたい! って思いまして、補欠から、いきなりレギュラーメンバーになったんです。

──なるほどね。千穂ちゃんは?

松下千穂里:まだそのときには居ないです。私が加入したのは、もっと後の方なんです。私は1年ちょっと前くらいに加入したんですが、そのときのドラムの人が抜けたタイミングで入ったんです。

若松剛:この娘さん(松下のこと)は、アメリカに1年くらい、ドラム留学してたんですよ。それで、ちょうど帰ってきたタイミングで、ドラムが抜けることになったんで、一緒にやらない? って声をかけたんです。

──もともと知り合いだったの?

若松剛:留学する前とか、よくライブを観に来てくれたりしてたんですよ。

──なるほどね。それにしても、ドラム留学ってすごいね。

松下千穂里:1年だけだったんですけどね。アメリカの音楽学校に行ってたんです。憧れもあって。行った瞬間、即帰りたかったですけどね。

一同:(爆笑)

──自分から望んで行ったんでしょ(笑)?

若松剛:あははは。この人(松下)、極度の帰りたがりなんです(笑)。すごいホームシック癖なんですよ(笑)。

松下千穂里:鹿児島が大好きなんで、すぐにホームシックになるんですよ。今も、上京してきてるんですけど、もう帰りたくて帰りたくてしかたないんです!(笑)

──上京してきて何年?

渡口史郎:2013年の2月に上京してきたんで、今現在(※取材は12月でした)、10ヵ月くらいですかね。もう、来た瞬間から、帰りたい帰りたいって言ってましたから(笑)。

──そんなに!?

松下千穂里:はい。だいたいずっと帰りたいんです。鹿児島って本当に良い所なんですよ! 空気も美味しいし、水も美味しいし、食べ物も本当に美味しいんです! だから……帰りたいんです…。ライブしてるときはいいんですけどね。それ以外は常に帰りたいです(笑)。

──なるほど(笑)。千穂ちゃんが加入した頃には、もう今のボヤケルズの方向性ではあったの?

若松剛:そうですね。松下が加入したのが、結成して3年目くらいの頃だったので、もうその頃には、今の方向性になってましたね。

──ボヤケルズを一言で言い表すとしたら?

若松剛:ん~。楽しいバンド、かな。とにかく、自分たちが楽しめないと、観に来てくれた人も楽しくないだろうって思うので、とにかく、自分たちがやってて楽しいことをやろうっていうのが、バンドコンセプトですね。

◆インタビュー続きへ
この記事をツイート

この記事の関連情報