ジェームズ・ブラント、英ウェリントン公爵の孫と婚約

ツイート
ジェームズ・ブラントが長年の恋人ソフィア・ウェルズリーと婚約した。このクリスマス休暇中に、ジェームズはウェリントン公爵の孫にあたるソフィアにプロポーズしたようだ。ジェームズとソフィアのカップルと親しいある友人はデイリー・メール紙に「みんなこの話で持ちきりですよ。みんな何となく予期していたことですが、やっぱり嬉しいニュースですね」と話している。

◆ジェームズ・ブラント画像

2人は、ウェリントン公爵が南イングランドのハンプシャーに構えるストラットフィールド・セイにて結婚式を挙げる見込みで、2004年のツアーにジェームズをサポートアクトとして迎え、ジェームズがキャリアをスタートさせるのを手助けしたエルトン・ジョンをはじめ多くのセレブが出席するともすでに噂されている。

ジェームズ・ブラントは、妹のデイジーの紹介で2012年初頭からソフィアと交際をスタートさせていた。ソフィアは現在ロンドンでリーガルコンサルタントとして働いていて、過去には英キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンと一緒にエジンバラ大学に通っていた経歴も持つ。

ヒット曲「ユア・ビューティフル」で知られるジェームズ・ブラントは以前、ソフィアのような理解のある恋人を見つけることができて「幸運だ」と話していた。

「今ソフィアと一緒にいられてとっともハッピーなんだ。音楽業界にいる人と付き合うためには強い人間性でなきゃいけないからね。誰かと交際していて、その人の隣にいるってだけで注目を浴びるようになるのは大変なことさ。だからそれに対応できるにはしっかりとした人じゃなきゃいけないんだ。僕は彼女と一緒にいられて幸運だよ」

この記事をツイート

この記事の関連情報